7月22日(金)

7月22日(金)
今日は、視覚「障害」者の仲間と柏市内の6ヶ所で反原発と「障害」者解放運動をテーマに街頭でリレートークを行った。
柏市の清掃工場から放射性セシウムが大量に検出された事に対し、市民は不安を隠せない様子だった。
通常の上限である8,000ベクレルを9倍も上回る70,000ベクレルである事が明らかになったからだろう。
環境省はこれを受け、放射性セシウムの最終処分基準を8,000ベクレルから100,000ベクレルに引き上げようとしている。
こんな事がまかり通って良いのかと言いたい。
柏市の委託した検査業者は放射性セシウムが付着しやすい粘土状の試薬を使用しなかったようだ。
正にゴマカシの検査である。
皆様、原発と放射能問題に限らず、国策に全て従う自治体のあり方を疑問に感じませんか。

カテゴリー: 活動記録   パーマリンク

コメントは受け付けていません。