内田ひろきニュース2020年特集号

4月1日(水)
現在、配布している内田ひろきニュース2020年特集号の記事を紹介します。

!☆平和な社会を求めて☆!
今年は戦後75年目に当たります。
また、今年で柏市平和都市宣言から35周年目を迎えます。
そこで3月議会では、平和を求めて集中審議に臨みました。
今号では、3月議会の質疑・一般質問の特集記事を掲載します。

❖3月予算議会の質疑・一般質問での平和に関する質問❖
[問]
柏市平和都市宣言を活かすためには、平和首長会議での活動が有意義であると考えるがどうか。
[市長答弁]
市では昭和60年3月に、世界の恒久平和を願い、非核三原則の堅持、核兵器廃絶と軍備縮小を訴える平和都市宣言を表明し、戦争の恐ろしさ、平和の尊さを伝えるための事業を継続的に実施してきた。
世界恒久平和の実現に向けた活動を行う平和首長会議については、本市でもその目的や取組に賛同して、平成22年2月に加盟したところである。
この平和首長会議では、次代を担う若い世代の意識啓発を平成29年度に策定した行動計画に示しており、平和都市宣言を掲げ、青少年を中心とした啓発に努めている本市としては意義あるものと捉えている。
特に本年は平和都市宣言を表明して35年の節目となるので、2月15日号の広報かしわで特集記事を掲載するとともに、若い世代の意識啓発にこれまで以上に力を入れてきた。
今後については、子どもたちを対象とした事業を中心に、より多くの市民に啓発できる事業の実施に努め、平和や命の尊さを伝えていきたいと考えている。
[問]
今年で戦後75年を迎えるが、憲法9条の歴史的役割をどう認識しているか。
[市長答弁]
憲法第9条は、戦後日本の平和維持において大きな役割を担い、悲惨な戦争を二度と起こしてはならないという反省の下、その精神的な支柱となったと考えている。
[問]
また、憲法9条を含む日本国憲法について、公務員の憲法擁護義務を問う。
[市長答弁]
憲法については、各界各層において多様な議論がなされていると認識しているが、公務員は憲法第99条に基づき、憲法を遵守すべきものと考えている。
[問]
平和憲法の歴史的役割と立憲主義への理解をどう深めるか。
[教育長答弁]
現在小中学校では社会科の中で、日本国憲法の3原則として、基本的人権の尊重、国民主権、そして平和主義について学習する。
その内容としては、前文と各条文に基づき、主権が国民であること、恒久の平和を念願し、国民としてその実現と維持のために尽くすこと、第9条に基づき、国際紛争を解決する手段として戦争を永久に放棄していることなどを学習する。
その際、過去の戦争について資料を調べたり、戦争体験者の話を聞いたりするなど各学校で工夫しながら、子どもたちの理解が一層深まるよう取り組んでいるところである。

・日本国憲法第9条抜粋・・
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

・柏市平和都市宣言抜粋・・
わたくしたちは、「国際理解」と「平和な柏」を市民憲章にうたい、人類共通の願いである世界の恒久平和を希求している。
しかし、最近における国家間の紛争や軍備拡張などによる緊張の高まりは、市民生活のうえに不安をもたらしている。
わたくしたちは、再び戦争の惨禍を繰り返すことのないよう、将来にわたってわが国が非核三原則を堅持するとともに、すべての国の核兵器廃絶と軍備縮小の達成を訴えるものである。
わたくしたちは、日本国憲法に掲げる崇高な「恒久平和」の実現のために、ここに平和都市を宣言する。

❇❇❇❇平和を実現する自治❇❇❇❇
戦前戦中には役場の職員が、赤紙を届け回ったと言う歴史の事実、教訓があります。
そんな同じ歴史を繰り返してはならないと言う思い、願い、決意です。
政治の現場である地方自治から、平和を実現してまいりたいと考えているところです。
子ども・子育て支援、福祉や教育の充実、頻発する災害への対応、地域コミュニティーの活性化、環境衛生、保健医療などの施策は、平和でなければ実現できないのです。

※3月予算議会は、コロナウイルスの影響によって、議会日程に変更が生じました。
議会運営委員会の申し合わせで、傍聴については自粛を促す結果となってしまいました。
予定していた皆様には、申し訳ありません。柏市議会では、本会議の様子をインターネットで録画配信もしています。
私、内田ひろきの質疑・一般質問は、既に録画配信となっています。
60分あってちょっと長いですが、是非ご視聴ください。

カテゴリー: 活動記録 | 内田ひろきニュース2020年特集号 はコメントを受け付けていません。

3月議会が終わる

3月17日(火)
第三次秋山市政の折り返しを迎えた2020年度当初予算案を審議する3月予算議会が今日で会期末を迎えた。
また、改選を迎えてから初となる新年度予算案と施政方針演説に対する議会審議となった。
さらに、2020年度は第五次総合計画前期基本計画の最終年度に当たる。
今議会は、コロナウイルスの影響によって、議会日程に変更が生じました。
私、内田ひろきの質疑・一般質問の日程は、3月9日(月)11時から12時に変更となりました。
なお、議会運営委員会の申し合わせで、傍聴については自粛を促す結果となってしまいました。
予定していた皆様には、申し訳ありません。
柏市議会では、本会議の様子をインターネットで録画配信もしています。
また、市役所も視聴回数に注目しています。
皆様から頂戴したご要望やご提言を具体化するためにも、視聴回数を増やし、そこで得られた答弁を市民運動や地域活動に活用していただけるきっかけとなればありがたく思います。
私、内田ひろきの質疑・一般質問は、既に録画配信となっています。
60分あってちょっと長いですが、是非ご視聴ください。

カテゴリー: 活動記録 | 3月議会が終わる はコメントを受け付けていません。

市民環境委員会

3月11日(水)
今日の審議では、第五次総合計画前期基本計画の最終年度に当たる2020年度当初予算案が議論の争点となった。
私、内田ひろきの質疑項目は、次の通りです。

(1)中央体育館大規模改修工事契約の締結について
(2)国民健康保険制度について
(3)平和事業の推進について
(4)核兵器禁止条約の調印について
(5)マイナンバーの問題点について
(6)放射能対策について
(7)化学物質問題と市民の健康について
(8)野焼き対策について
(9)広報かしわについて

カテゴリー: 活動記録 | 市民環境委員会 はコメントを受け付けていません。

質疑・一般質問

3月9日(月)
改選を迎えてから初となる新年度予算案と施政方針演説に対する質疑・一般質問となった。
本会議の様子は、本日よりインターネットで録画配信。
柏市議会で検索。
私、内田ひろきの質疑・一般質問通告書を以下に掲載します。

2020年3月議会  質疑・一般質問通告書

1 市長の政治姿勢について
(1)第五次総合計画は新年度予算にどう反映しているか
(2)選挙公約の有効期限をどう捉えているのか
(3)市立病院の建て替えに向けた環境整備はどうなっているか
(4)柏駅西口北地区再開発事業を問う
(5)東海第二原発の再稼働を容認してしまうのか
(6)柏市平和都市宣言を活かすためには、平和首長会議での活動が有意義であると考え るがどうか
(7)憲法9条の歴史的役割をどう認識しているか
(8)また、公務員の憲法擁護義務を問う
2 教育長の姿勢について
(1)平和憲法の歴史的役割と立憲主義への理解をどう深めるか
(2)公立夜間中学開設に向けた視察で習得したものは何か
3 いじめ問題について
(1)学校におけるいじめ対策の現状と今後の取り組みは何か
(2)また、いじめ重大事態に係る今後の対応方針を問う
(3)学童におけるいじめ対策の現状と今後の取り組みは何か
(4)さらに、保育施設でのいじめ兆候に着目するべきではないか
4 2020年度当初予算案について  (議案 第29号)
(1)障害者総合支援法に基づく特別監査に当っては利用者保護の視点にたって執行してはどうか
(2)甲状腺エコー検査助成事業に関する説明を求める
(3)新年度も動物愛護ふれあいセンターの機能を活かし、殺処分ゼロ達成に向けた事業を積極的に進めて欲しいがどうか
(4)高柳駅西口クランク道路周辺歩行者の危険回避を求める

カテゴリー: 活動記録 | 質疑・一般質問 はコメントを受け付けていません。

3月議会が始まる

2月21日(金)
今日から26日間の日程で、3月議会の審議が始まる。
第三次秋山市政の折り返しを迎えた2020年度当初予算案や柏市公設総合地方卸売市場業務条例案、中央体育館大規模改修工事契約の締結についてなど、42議案を審議する。
私、内田ひろきの質疑・一般質問は3月9日(月)11時00分から12時00分。
所属する市民環境委員会での審議は3月11日(水)の予定。

カテゴリー: 活動記録 | 3月議会が始まる はコメントを受け付けていません。

新春交流会

2月16日(日)
今日は、67名のご参加をいただき、新春交流会を開催しました。
私、内田ひろきの3期目の任期が、昨年夏の柏市議会議員選挙から半年が経過しました。
第一部の市政報告会では、皆様からのご要望やご提言を頂戴できる機会となりました。
来賓として、秋山ひろやす柏市長、3名の近隣自治体議員にご参加いただき、ご挨拶を頂戴しました。
第二部の新春交流会では、参加者の皆様が取り組んでいる市民活動の交流が深まりました。
身の引き締まる思いです。
皆様の期待に応えられるよう、これからも全力で頑張ってまいります。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 活動記録 | 新春交流会 はコメントを受け付けていません。

市民が手作りの議会報告会

2月15日(土)
毎年この時期に、柏市で男女共同参画に取り組む団体が主催している市議と語ろう会に出席した。
私、内田ひろきの後援会である柏の自治力を活かす会が実行委員会に参加している。
昨年同様に、今回も市議会各会派の代表者が、12月議会に提出された主な議案について討議する形態をとった。
今日の日を迎えるに当たり、ご尽力いただいた市議と語ろう実行委員会の皆様、参加者の皆様ありがとうございました。

カテゴリー: 活動記録 | 市民が手作りの議会報告会 はコメントを受け付けていません。

建国記念の日反対・東葛集会

2月11日(火)
今日は私、内田ひろきが所属する2・11東葛集会実行委員会主催で、学習会を開催した。
「やっぱりいらない 東京オリンピック!」をテーマにオリンピック災害おことわり連絡会の宮崎俊郎さんから、安倍政権下の東京オリンピックで何が行われようとしているのかについて話を伺った。
特にこの数年で、9条改憲の動きが加速し、富国強兵と大政翼賛会によって挙国一致体制が作られ、労働者・民衆に対する戦争動員策動攻撃が仕掛けられている。
歴史教科書の改ざんと道徳の教科化、オリンピックファシズムによった愛国心の強制が目に余る。
戦前の教育勅語が、若者を戦場に送ってしまったと言う歴史を繰り返してはならないのだ。
とにかく、天皇代替わりキャンペーンによって、新しい元号の下で今年の東京オリンピックを開催し、現在の象徴としての天皇から、元首としての天皇とするのが狙いであろう。
私、内田ひろきはオリンピックとパラリンピックを断固として否定するものである。
オリンピックは優生思想を生み出し、優生思想がオリンピックを作り出す。
どの国にあっても、オリンピック自体を粉砕しない限り、この悪循環は永遠に続いてしまうのだ。
また、反オリンピックを論ずる上では優生思想だけではなく、差別と排外主義の攻撃を跳ね返さなければならないのである。
今年開催される東京オリンピックは、開催までの過程で大きなファシズムの流れが作られる。
がんばろう日本の名の下にマスコミを含む資本権力は、一人一人の個性を奪い取り、民衆を分断し、権力の側に与しようとする策動を加速させる。
この策動で、自由競争と戦争に使える命か使えない命かの選別が始まってしまう。
五つの具体的な例を挙げて論ずる。
かけられる攻撃の一つには、オリンピック開催に向けた施設整備を大儀名分とする再開発によって、野宿者を締め出し、労働者に対する搾取と分断が仕掛けられる。
二つには、スポーツを使った能力主義による序列である。
民衆同士の競争をあおり、点数と記録で国のために使える人物かどうかを選別し、使えない人物は切り捨てられる構造が作られる。
三つには、猛烈な「障害」者差別と資本権力が操作する排外主義からくるナショナリズムで、国のためにならない命が抹殺され兼ねないと言う事である。
「障害」者抹殺攻撃の準備は、オリンピック開催と合わせ、出生前診断の技術開発や脳死臓器移植法の制定などで、しくしくと進められている。
また、アジア近隣諸国の人民に対するヘイトスピーチや現実を直視しない歴史認識などは、外国人を抑圧する凶器となっている。
四つには、パラリンピックは国のために役立つ「障害」者かどうかを選別するものさしになっている事である。
パラリンピックの狙いは、観戦する民衆にがんばっている「障害」者は偉いと言う概念だけを植え付け、「障害」者を能力で縦に並べようとする事なのである。
五つには、天皇制が本格的に表舞台へ出てくる事で、完全なる国家主義が確立してしまう。
民衆統制の始まりは、身近で大多数の人が入りやすいお茶の間の話題である。
スポーツで平和の祭典とメディアが報じれば、民衆統制の入口は、簡単に切り開けてしまうのだ。
一度入ったら抜けられない身近で大多数の人が入りやすいお茶の間の話題は、またたく間に危険な方向へと舵を切る。
オリンピックの開会式出席や出場選手激励などに登場する天皇は、多くの人々にとって市民派天皇と捉えられている。
マスコミも演じられた市民派天皇を映し出す。
この裏側で、ファシズムが動き出すのである。
ファシズムは、強固な優生思想の上に成り立つ。
前述した五つの具体的な例は、ただ単に能力主義を批判しているのではなく、天皇制と一体になった国家主義、生命抹殺に依拠するファシズムを指摘するものである。
オリンピックとパラリンピックは、世界中に偏狭なナショナリズムを作り出し、国のために使える命か使えない命かを選別するための形に表れる事のない現代版のアウシュヴィッツなのである。
財界と官僚にとって、日本におけるオリンピック開催の大きな狙いは、前述した五つの具体的な例をどうどうと政治の枠組みに取り入れ、市民同士が監視し合いながら、国のために競争させる仕組みづくりを強権強行する事にある。
オリンピックを観戦する人々に感動と勇気を与えるメディア中継の裏側で、気づかぬ内に、いつの間にか現代版のアウシュヴィッツに送り込まれてしまう。
また、送り込む権力者にも成り得る。
これが、優生思想をむき出しにしたオリンピックの正体なのである。

カテゴリー: 活動記録 | 建国記念の日反対・東葛集会 はコメントを受け付けていません。

市民環境委員会の視察

1月22日(水)
私、内田ひろきが所属する市民環境委員会で、1月21日(火)から本日までの2日間に亘り、次の日程で視察に出向いた。

1月21日(火)滋賀県近江八幡市、SDGs達成に向けた取り組みについて
1月22日(水)京都市、ゴミ減量について

柏市議会には総務、市民環境、教育民生、建設経済の4常任委員会がある。
36議席を委員会の数で割り返した9名がそれぞれの定数となる。
市民環境委員会は市民生活部、地域づくり推進部、環境部、水道部に係る事務事業を調査・審議する。

カテゴリー: 活動記録 | 市民環境委員会の視察 はコメントを受け付けていません。

柏市視覚障害者協会の新春の集い

1月17日(金)
私、内田ひろきが役員を務める柏市視覚障害者協会は、来年で創立から45周年を迎える。
今日はとても有意義な一時を過ごす事ができた。
ボランティアの皆様、いつもありがとうございます。

カテゴリー: 活動記録 | 柏市視覚障害者協会の新春の集い はコメントを受け付けていません。