内田ひろきニュース2020年夏季号

7月13日(月)
現在、配布している内田ひろきニュース2020年夏季号の記事を紹介します。

<3期目の任期が丸1年を経過>
私、内田ひろきが3期目の信任を頂戴してから、丸1年が経過します。
この重みを深く受け止め、皆様のご負託とご期待に応えられるよう、初当選した9年前と同様、初心を忘れず、これからも全力で頑張ってまいります。
❖これからの基本姿勢❖
これからは、東海第二原発の再稼働を阻止し、憲法9条と柏市平和都市宣言を未来へ繋ぎ、活かし、守る世論を大きくしたいものです。
私、内田ひろきは柏市政で具体的には、柏駅周辺巨大タワーマンション構想には反対し、緑地・農地の着実な保全を強く求め、市立病院の早期現地建て替えを要求します。
また、甲状腺エコー検査を含めた放射能対策を充実し、犬猫殺処分ゼロの達成を求め、公立夜間中学開設に向けて協議を進めます。
さらに、学校いじめ問題の解消に努め、児童相談所を柏市単独で運営するための準備に協力します。
引き続き、コミュニティー交通の充実で交通不便地域を解消し、バリアフリーの地域づくりを実現します。
私、内田ひろきは柏市議会唯一の急進左翼議員であっても、守備範囲は広く、立ち位置は明確にして、地方自治ではイデオロギーの違いを乗り越え、これからも頑張ってまいります。
♢今後の秋山市政にどう臨むか♢
国政が議院内閣制であるのに対し、地方政治は二元代表制であるので、誰が市長であっても議員は、市長に対しては緊張感をもち、批判精神をもって臨む必要がある。
私、内田ひろきは柏市議会唯一の急進左翼議員であっても、これまでの秋山市政では、賛成する政策は積極的に支持し、反対する政策には野党以上に断固として批判し、反動的な議案には単独反対してきた。
この政治姿勢は、今後の秋山市政でも堅持する。
!!!これでいいのか柏市議会!!!
柏市議会では第2回定例議会が6月24日で会期末を迎えた。
今議会では、新型コロナウイルス対策・3密防止を口実に、議会運営委員会の場で、保守大会派が数の力によって、1人の質疑・一般質問の持ち時間を20分に制限した。
通常は1人60分の持ち時間が確保できている。
コロナ情勢だからこそ、しっかりとした審議が必要である。
新型コロナウイルスの影響に対しては、保守大会派の議員も、支援者から多くの要望を受けているはずだ。
こうした要望を公式な議論の場で行政にぶつけず、質疑・一般質問の持ち時間を制限すると言うのは、議会の自滅行為である。
持ち時間の制限は、政治の崩壊、民主主義の崩壊だ。
私、内田ひろきは強い憤りを覚えている。
本来では、柏市議会はしっかりと議論ができる議会の一つであると言われている。
これまでのように審議のできる議会を取り戻したいものである。
??コロナ対応の裏側で政府が狙っているものは??
2020年がスタートしてまもなく、新型コロナウイルスの発生が報じられた。
当初は、ここまでの感染拡大を想定していなかった。
日本での感染拡大は、オリンピックに執着した安倍政権の初動体制の遅れが原因であるのは言うまでもない。
緊急事態宣言を発出するタイミングが、なぜこの時期であったのか、もっと早期に発出できなかったのか疑問である。
それは、緊急事態宣言発令中に当たる5月1日のメーデー、5月3日の憲法記念日を狙い撃ちにし、労働者の闘いや憲法9条を守ろうとする運動を圧殺するものだからである。
メーデー潰しは、昨年の天皇代替わりキャンペーン・改元と、2年引き続きである。
こうした反動情勢に対し、労働者・民衆が最大の怒りを持って立ち向かう必要性を痛感している。
また、緊急事態宣言の発出は、戦争さながらな状況を労働者・民衆に押し付けたものと言える。
さらに、憲法に緊急事態条項を盛り込むための既成事実づくりであって、解釈改憲そのものだ。
もっと言えば、安倍政権による布マスクの配布は、戦時配給制を物語るものである。
国家権力による労働者・民衆への戦争動員策動に繋がるあらゆる攻撃を跳ね返さなければならないと自覚している。

★6月定例議会の質疑・一般質問での主な議論★
[問]
災害発生時の避難所での新型コロナウイルス感染防止対策を問う。
[総務部長答弁]
新型コロナウイルスやその他感染症が蔓延する中で災害が発生した場合、避難者の健康状態の確認や十分な換気の実施、スペースの確保など、避難所運営における必要な感染症対策を行う。
また、避難所運営マニュアルの改定に向けた事務を進めており、改定が完了次第、速やかに関係部署と共有の上、避難所運営に活用できるよう対応する。
[問]
東海第二原発の問題に係る説明会を開催してはどうか。
[経済産業部長答弁]
日本原子力発電株式会社等に対し、説明会の開催に関する協議等を行う。
[問]
東海第二原発の再稼働を後押ししてしまうのか。
[経済産業部長答弁]
東海第二原子力発電所の再稼働については、発電所周辺6自治体内において慎重な意見や反対意見がある。
再稼働について市として判断することは考えていない。

※私、内田ひろきの質疑・一般質問は、既にインターネットで録画配信となっています。

カテゴリー: 活動記録 | 内田ひろきニュース2020年夏季号 はコメントを受け付けていません。

6月議会が終わる

6月24日(水)
柏市議会では6月定例議会が今日で会期末を迎えた。
今議会では、新型コロナウイルス対策・3密防止を口実に、議会運営委員会の場で、保守大会派が数の力によって、1人の質疑・一般質問の持ち時間を20分に制限した。
通常は1人60分の持ち時間が確保できている。
コロナ情勢だからこそ、しっかりとした審議が必要である。
新型コロナウイルスの影響に対しては、保守大会派の議員も、支援者から多くの要望を受けているはずだ。
こうした要望を公式な議論の場で行政にぶつけず、質疑・一般質問の持ち時間を制限すると言うのは、議会の自滅行為である。
持ち時間の制限は、政治の崩壊、民主主義の崩壊だ。
私、内田ひろきは強い憤りを覚えている。
本来では、柏市議会はしっかりと議論ができる議会の一つであると言われている。
これまでのように審議のできる議会を取り戻したいものである。

カテゴリー: 活動記録 | 6月議会が終わる はコメントを受け付けていません。

市民環境委員会

6月18日(木)
今日の審議では新型コロナウイルス対策に関する事務事業が議論の争点となった。
私、内田ひろきの質疑項目は、次の通りです。

(1)後期高齢者医療制度について
(2)水道事業設置条例改正案について
(3)指定管理者に対する損出補償について
(4)近隣センターコミュニティー助成事業について
(5)中央体育館大規模改修工事契約の変更について

カテゴリー: 活動記録 | 市民環境委員会 はコメントを受け付けていません。

質疑・一般質問

6月11日(木)
今議会では、新型コロナウイルス対策・3密防止を口実に、議会運営委員会の場で、保守大会派が数の力によって、1人の質疑・一般質問の持ち時間を20分に制限した。
通常は1人60分の持ち時間が確保できている。
コロナ情勢だからこそ、しっかりとした審議が必要である。
持ち時間の制限は、政治の崩壊、民主主義の崩壊だ。
私、内田ひろきは強い憤りを覚えている。
今日は、こうした情勢下での質疑・一般質問となった。
本会議の様子は、本日よりインターネットで録画配信。
柏市議会で検索。
私、内田ひろきの質疑・一般質問通告書を以下に掲載します。

2020年6月議会  質疑・一般質問通告書

1 市長の政治姿勢について
市立病院の建て替えに向けた環境整備はどうなっているか
2 新型コロナウイルス対策について
(1)感染収束後に市民活動がこれまでのように復活できるための対策を講じるべきではないか
(2)ウィングホール柏斎場の火葬における感染対策が不十分ではないか
(3)災害発生時の避難所での感染防止対策を問う
3 原子力防災について
(1)東海第二原発の問題に係る説明会を開催してはどうか
(2)また、東海第二原発の再稼働を後押ししてしまうのか
4 公立夜間中学の開設について
公立夜間中学開設に向けた取り組みは何か

カテゴリー: 活動記録 | 質疑・一般質問 はコメントを受け付けていません。

6月議会が始まる

6月5日(金)
今日から20日間の日程で、6月議会の審議が始まる。
新型コロナウイルス対策に関する経費を計上した第二次補正予算案や消防救急デジタル無線装置に係る物品売買契約の入札談合に関する損害賠償請求の訴訟提起について、中央体育館大規模改修工事契約の変更についてなど、15議案を審議する。
私、内田ひろきの質疑・一般質問は6月11日(木)13時から13時20分。
所属する市民環境委員会での審議は6月18日(木)の予定。

カテゴリー: 活動記録 | 6月議会が始まる はコメントを受け付けていません。

臨時議会

5月8日(金)
今日の臨時議会では、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急地域経済対策に関する集中審議を行なった。
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急地域経済対策に関する経費を計上した第一次補正予算案など、4議案を審議した。
1人の持ち時間が約10分しかないので、市長との対立軸が明確になっている点に論点を絞って質疑した。

私、内田ひろきの質疑通告書を以下に掲載します。

1 第一次補正予算案について (議案第3号、第4号)
(1)国の緊急経済対策は不十分ではないか
(2)児童扶養手当受給世帯への緊急支援給付金の生活保護世帯の取り扱いはどうなるのか
(3)傷病手当金の支給に自営業・個人事業主を対象としないのはなぜか

カテゴリー: 活動記録 | 臨時議会 はコメントを受け付けていません。

49歳になりました

4月27日(月)
私、内田ひろきは今日で49歳になりました。
この間、扇風機しかなかった頃から満員電車に 揺られ遠方まで通勤・通学して来られた方、商業や農業に汗水流して来られた方、労働運動や安保闘争に没頭して来られた方。
こうしたさまざまな立場の皆様から貴重な体験をお聞かせいただき、生き方に学び、若者達が感じている社会への憤りとを繋げ、政治に反映して行く事が中間世代の私、内田ひろきに与えられた責務であると感じます。
身の引き締まる思いです。

カテゴリー: 活動記録 | 49歳になりました はコメントを受け付けていません。

新型コロナウイルス感染拡大で「障害」者は

4月18日(土)
2020年がスタートしてまもなく、新型コロナウイルスの発生が報じられた。
当初は、ここまでの感染拡大を想定していなかった。
日本での感染拡大は、オリンピックに執着した安倍政権の初動体制の遅れが原因であるのは言うまでもない。
緊急事態宣言を発出するタイミングが、なぜこの時期であったのか、もっと早期に発出できなかったのか疑問である。
それは、緊急事態宣言発令中に当たる5月1日のメーデー、5月3日の憲法記念日を狙い撃ちにし、労働者の闘いや憲法9条を守ろうとする運動を圧殺するものだからである。
メーデー潰しは、昨年の天皇代替わりキャンペーン・改元と、2年引き続きである。
こうした反動情勢に対し、労働者・民衆が最大の怒りを持って立ち向かう必要性を痛感している。
また、緊急事態宣言の発出は、戦争さながらな状況を労働者・民衆に押し付けたものと言える。
さらに、憲法に緊急事態条項を盛り込むための既成事実づくりであって、解釈改憲そのものだ。
もっと言えば、安倍政権による布マスクの配布は、戦時配給制を物語るものである。
国家権力による労働者・民衆への戦争動員策動に繋がるあらゆる攻撃を跳ね返さなければならないと自覚している。
さて、ここから本題に入る。
私、内田ひろきは「全盲」の視覚「障害」者である。
2011年に柏市議会議員に初当選し、現在は3期目を迎えている。
「全盲」の視覚「障害」者の地方議員は、全国でも珍しいとされている。
新型コロナウイルス感染対策においては私、内田ひろきのような視覚「障害」者の場合は物体を触れて確認をする場面が多いので、他の人よりも頻繁に消毒や手洗いが必要となる。
つまり、感染リスクが高まってしまうと言える。
また、メディアでは視覚による情報が多く、インターネット上では、音声で把握するには情報過多となってしまっている実態である。
そのメディアでさえ、政府による報道規制に基づく情報操作をしている。
正に、大本営発表である。
ここで、世界に目を向けてみる。
新型コロナウイルスによる感染が世界中に蔓延し、被害が拡大している。
既に医療崩壊したニューヨークなどの都市では、人工呼吸器や医療従事者の不足が深刻化し、現場の医療スタッフの判断で患者の選別(「トリアージ」)が行われ、高齢者や重度「障害」者には人工呼吸器を装着しなかったり、高齢者が装着している人工呼吸器を外して、より若く治療効果のある人に付け直すという事が起きている。
日本でも医療崩壊を危惧する声が高まってきており、医療従事者の間で「誰に人工呼吸器を配分するべきか」と言うルール作りのための議論が始まっている事に、私達「障害」者は大変な危機感を抱いている。
新型コロナウイルスの場合は、予防と予測が可能であり、感染しても数日の猶予のある点などから、突発的な自然災害などとは根本的に条件が異なっている。
何より、日本にいる私達は、海外の医療崩壊の現場から学び、迎え撃つ準備ができるはずである。
優生思想に繋がる「障害」を理由とした命の選別が推進される事がないようにして欲しいものである。
また、公共情報がアクセシブルでないために聴覚「障害」者、視覚「障害」者、知的「障害」者等に情報が迅速かつ正しく伝わらない問題や外出の自粛が課される中で、重度訪問介護の在宅勤務の活用も含めた介護サービスの柔軟な利用が不十分であって、通所事業所は閉鎖するのかどうかの瀬戸際と言う問題も生じている。
さらに、在宅療養する「障害」者への介護サービス等の提供継続のための支援も不十分である。
これらに係る対応と支援を国及び自治体において大至急、確実に行うべきだ。
最後に私、内田ひろきから皆様へ呼びかけます。
自粛は人民のためのものです。
愛国心の強要をむき出しにしている国のための自粛ではなく、私達のための自粛としましょう。
早くコミュニケーションを取り戻せるよう、どうか自粛へのご協力を宜しくお願いします。
新型コロナウイルスと安倍政権を打倒しましょう。
駅頭や集会等で皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

カテゴリー: 活動記録 | 新型コロナウイルス感染拡大で「障害」者は はコメントを受け付けていません。

内田ひろきニュース2020年特集号

4月1日(水)
現在、配布している内田ひろきニュース2020年特集号の記事を紹介します。

!☆平和な社会を求めて☆!
今年は戦後75年目に当たります。
また、今年で柏市平和都市宣言から35周年目を迎えます。
そこで3月議会では、平和を求めて集中審議に臨みました。
今号では、3月議会の質疑・一般質問の特集記事を掲載します。

❖3月予算議会の質疑・一般質問での平和に関する質問❖
[問]
柏市平和都市宣言を活かすためには、平和首長会議での活動が有意義であると考えるがどうか。
[市長答弁]
市では昭和60年3月に、世界の恒久平和を願い、非核三原則の堅持、核兵器廃絶と軍備縮小を訴える平和都市宣言を表明し、戦争の恐ろしさ、平和の尊さを伝えるための事業を継続的に実施してきた。
世界恒久平和の実現に向けた活動を行う平和首長会議については、本市でもその目的や取組に賛同して、平成22年2月に加盟したところである。
この平和首長会議では、次代を担う若い世代の意識啓発を平成29年度に策定した行動計画に示しており、平和都市宣言を掲げ、青少年を中心とした啓発に努めている本市としては意義あるものと捉えている。
特に本年は平和都市宣言を表明して35年の節目となるので、2月15日号の広報かしわで特集記事を掲載するとともに、若い世代の意識啓発にこれまで以上に力を入れてきた。
今後については、子どもたちを対象とした事業を中心に、より多くの市民に啓発できる事業の実施に努め、平和や命の尊さを伝えていきたいと考えている。
[問]
今年で戦後75年を迎えるが、憲法9条の歴史的役割をどう認識しているか。
[市長答弁]
憲法第9条は、戦後日本の平和維持において大きな役割を担い、悲惨な戦争を二度と起こしてはならないという反省の下、その精神的な支柱となったと考えている。
[問]
また、憲法9条を含む日本国憲法について、公務員の憲法擁護義務を問う。
[市長答弁]
憲法については、各界各層において多様な議論がなされていると認識しているが、公務員は憲法第99条に基づき、憲法を遵守すべきものと考えている。
[問]
平和憲法の歴史的役割と立憲主義への理解をどう深めるか。
[教育長答弁]
現在小中学校では社会科の中で、日本国憲法の3原則として、基本的人権の尊重、国民主権、そして平和主義について学習する。
その内容としては、前文と各条文に基づき、主権が国民であること、恒久の平和を念願し、国民としてその実現と維持のために尽くすこと、第9条に基づき、国際紛争を解決する手段として戦争を永久に放棄していることなどを学習する。
その際、過去の戦争について資料を調べたり、戦争体験者の話を聞いたりするなど各学校で工夫しながら、子どもたちの理解が一層深まるよう取り組んでいるところである。

・日本国憲法第9条抜粋・・
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

・柏市平和都市宣言抜粋・・
わたくしたちは、「国際理解」と「平和な柏」を市民憲章にうたい、人類共通の願いである世界の恒久平和を希求している。
しかし、最近における国家間の紛争や軍備拡張などによる緊張の高まりは、市民生活のうえに不安をもたらしている。
わたくしたちは、再び戦争の惨禍を繰り返すことのないよう、将来にわたってわが国が非核三原則を堅持するとともに、すべての国の核兵器廃絶と軍備縮小の達成を訴えるものである。
わたくしたちは、日本国憲法に掲げる崇高な「恒久平和」の実現のために、ここに平和都市を宣言する。

❇❇❇❇平和を実現する自治❇❇❇❇
戦前戦中には役場の職員が、赤紙を届け回ったと言う歴史の事実、教訓があります。
そんな同じ歴史を繰り返してはならないと言う思い、願い、決意です。
政治の現場である地方自治から、平和を実現してまいりたいと考えているところです。
子ども・子育て支援、福祉や教育の充実、頻発する災害への対応、地域コミュニティーの活性化、環境衛生、保健医療などの施策は、平和でなければ実現できないのです。

※3月予算議会は、コロナウイルスの影響によって、議会日程に変更が生じました。
議会運営委員会の申し合わせで、傍聴については自粛を促す結果となってしまいました。
予定していた皆様には、申し訳ありません。柏市議会では、本会議の様子をインターネットで録画配信もしています。
私、内田ひろきの質疑・一般質問は、既に録画配信となっています。
60分あってちょっと長いですが、是非ご視聴ください。

カテゴリー: 活動記録 | 内田ひろきニュース2020年特集号 はコメントを受け付けていません。

3月議会が終わる

3月17日(火)
第三次秋山市政の折り返しを迎えた2020年度当初予算案を審議する3月予算議会が今日で会期末を迎えた。
また、改選を迎えてから初となる新年度予算案と施政方針演説に対する議会審議となった。
さらに、2020年度は第五次総合計画前期基本計画の最終年度に当たる。
今議会は、コロナウイルスの影響によって、議会日程に変更が生じました。
私、内田ひろきの質疑・一般質問の日程は、3月9日(月)11時から12時に変更となりました。
なお、議会運営委員会の申し合わせで、傍聴については自粛を促す結果となってしまいました。
予定していた皆様には、申し訳ありません。
柏市議会では、本会議の様子をインターネットで録画配信もしています。
また、市役所も視聴回数に注目しています。
皆様から頂戴したご要望やご提言を具体化するためにも、視聴回数を増やし、そこで得られた答弁を市民運動や地域活動に活用していただけるきっかけとなればありがたく思います。
私、内田ひろきの質疑・一般質問は、既に録画配信となっています。
60分あってちょっと長いですが、是非ご視聴ください。

カテゴリー: 活動記録 | 3月議会が終わる はコメントを受け付けていません。