月別アーカイブ: 7月 2013

三里塚闘争の新たなる局面

7月29日(月) 今日は千葉地裁で、三里塚芝山連合空港反対同盟と私、内田ひろきが事務局を務める市東さんの農地取り上げに反対する会、三里塚闘争支援弁護団が現地実力闘争と一体となり闘っている裁判闘争の判決公判が開かれた。 次の声明文を以て報告とします。 以下に声明文を抜粋。 2013年7月29日 三里塚芝山連合空港反対同盟 事務局長 北原鑛治 三里塚芝山連合空港反対同盟顧問弁護団 事務局長 弁護士葉山岳夫 2013年7月29日千葉地方裁判所第3民事部多見谷寿郎裁判長は、①反対同盟員である農民市東孝雄さんが耕作する、成田市天神峰字南台と字天神峰の農地合計7284㎡を成田国際空港会社に対し明け渡せ、②天神峰土地上の共同出荷場、会議用の離れ、ビニールハウスなどを収去せよ、③市東さんが求めた千葉県知事の農地賃貸借解約許可処分を取り消せという請求は、棄却するという不当極まる反動判決を言い渡した。反対同盟と顧問弁護団は、市東孝雄さんと固く連帯してこの反動判決を満身の怒りをもって弾劾する。 この判決は、第1に、憲法29条、25条、31条に違反する判決である。空港会社の前身空港公団は、1993年6月収用裁決申請を取下げた結果、成田空港建設のための事業認定処分が失効し、土地収用法による農地などの強制的収用は、不可能になった。にもかかわらず本判決は、空港会社が千葉県知事による不当な農地法20条の解約許可処分を利用して小作農地を強奪するという法的根拠のない実質的な公用収用を容認し、かつ、市東さんの生存権を適正手続きなしに侵害するものであって、憲法29条3項、25条、31条に違反する違憲きわまる判決である。 第2に空港公団が旧地主から農地法5条、公団用地事務取扱規程に違反して、小作権者市東東市さんに無断で底地を、しかも敷地外の農地については、県知事の許可を得ることなく買収するという無効の土地売買を強行したこと、第3に、したがって、空港会社が農地所有者でないにもかかわらず20条を悪用して解約申し入れを行い、裁判所を法的根拠なく収用委員会代わりに利用して農地の強奪をはかろうとしたこと、第4に、千葉県知事が空港会社による偽造の同意書、確認書に基づくでたらめな許可申請について不十分きわまる審議しかせず、また、農地賃貸借契約の解約許可要件が具備されていないのにもかかわらず、許可を下すという重大な手続き違反、要件違反を犯したことなど空港会社、千葉県による違法行為のすべてを容認、追認、免責し、そのうえで農民を保護すべき農地法をもって現に耕作している農民に死を宣告したものというべきであり、一片の正当性、道理もない。 90年以上三代にわたって耕作してきた農地、しかも完全無農薬農業の農地は、三里塚農民市東さんの命である。 なにものにも絶対に代えがたい農地を奪うことは、農民市東さんの命を奪うものである。多見谷裁判長は、人民に敵対する成田空港建設という国策に加担して、違憲、違法の累積した空港会社の請求を受け入れ、良心に反し、公正らしさをかなぐり捨てて、農民殺しの下手人に成り下がった。 この判決は、裁判所が、ハブ空港の地位を羽田空港に奪われて焦りに駆られた空港会社の意を体して、安倍超反動政権による農民、労働者に敵対する新自由主義的国策の片棒を担ぐむき出しの暴力装置であることを自ら宣言したものというべきである。 それにもかかわらず、多見谷裁判長は、仮執行宣言をつけることを断念した。反対同盟を中心として全力をつくした裁判闘争、署名運動、現地全国集会、千葉集会、デモ闘争、街宣活動は、ついに仮執行宣言を阻止した。 この判決は、48年間にわたり、成田空港絶対反対、空港廃港、農地死守を掲げて闘ってきた三里塚芝山連合空港反対同盟に対する公然たる敵対攻撃である。 反対同盟は、この攻撃を断固としてはねかえす。弁護団は、市東さんとともにこの不当極まる判決に対して直ちに控訴する。 反対同盟は、市東さんをあくまでも守り抜き、反対同盟顧問弁護団とともに全国の労働者、農民、学生、市民と固く連帯した闘いを一層拡大強化して市東さんの農地を死守して、現地実力闘争の一環として控訴審闘争を闘い、これに勝利して、人民に敵対する成田空港を廃港にする日まで、徹底的に闘い抜くことを宣言する。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏まつり2013

7月28日(日) 昨日から2日間に亘り、柏まつり2013が開催された。 昨日は夕立の影響で、少し早目の終了となった。 2日間を通して概ね、晴天に恵まれ、楽しい一時を過ごす事ができた この間、準備に当たって来られた柏まつり実行委員会の皆様、ありがとうございました。 柏まつりに参加する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

逆井の歩道橋改修方針と周辺安全対策

7月24日(水) 2012年2月8日(水)に記述した通り、東武ストアー逆井店の隣にある東西を結ぶ歩道橋の階段に手すりを設置して欲しいとした住民の方からの要望を受け、現地を視察した。 線路をまたぐこの歩道橋は老朽化が激しく、耐震性に乏しい。 調査の結果、この歩道橋は特殊構造である為、手すりを設置し、加重すると劣化がさらに進んでしまう事が明らかになった。 役所の担当者との協議で手すりの設置については、耐震改修を含めた抜本的な問題解決の枠組みで対応するとした合意を交わした。 昨年度に橋梁の長寿命化計画を立て、2015年度には概算を組み、国庫補助を申請する。 2016年度中に改修が完了する。 視察の際に、東口側の階段を正面に向かい、フェンス伝いに白杖で探りながら歩くと途中から、このフェンスがなくなり、高低差約1,15m下の市道まで鎖2本だけが張られ、吹き抜けになっていた。 鎖を潜り抜けられる身長の子ども達が転落してしまったら一大事である。 歩道橋を視察する内田ひろき 私、内田ひろきはすぐに役所へ連絡し、高台になっている箇所までフェンスを延長するよう要請した。 この直後、ロープを張り巡らせて応急的な安全対策を講じ、ようやく先月21日、フェンスが完成した。 フェンス部分は、柏市と東武鉄道の土地境界線上に当たるとは言え、フェンスの延伸工事になぜ、1年半もの時間を要したのか疑問である。 完成したフェンスを確認する内田ひろき 私、内田ひろきは「障害」をもつ当事者の立場からバリアフリーの地域づくりを実現します。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

早朝駅宣スケジュール

7月23日(火) 3週1クールで内田ひろきニュース、集会や勉強会のご案内を配布しています。 金曜日→逆井(西口)・柏(西口)・南柏(西口) 月曜日→逆井(東口)・柏(東口)・豊四季 火曜日→増尾(西口)・増尾(東口)・新柏(東口) 水曜日→南柏(東口)・北柏(南口)・北柏(北口) 木曜日→高柳・新柏(西口)・五香(東口) 増尾でビラを配る内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

参議院選挙の報告

7月22日(月) 昨夜遅く、参議院議員選挙の開票結果が出揃った。 千葉県選挙区は定数3名。 私、内田ひろきが千葉県選挙区で応援した長浜ひろゆき候補(民主党)は、388,529票を獲得し、3位で当選した。 私、内田ひろきが電話かけで担当した柏市と我孫子市、館山市を見ると2位で当選できると思ったが、やはり県内全域では豊田としろう候補(自民党)には及ばなかった。 実際のところ、この3市では2位だったが、3市のデーターだけでは、順位の特定までは困難だった。 全国比例区は定数48名。 私、内田ひろきが全国比例区で応援した山シロ博治候補(社民党)は、112,641票を獲得したが、党として1議席の獲得に留まり党内で、又市征治候補の個人票がやや多くなった事から当選に至らなかった。 参議院選挙の全国比例区では、個人名で投票できる事の広報が不十分だった事が反省点である。 選挙期間中は、何かとお騒がせしました。 ご協力に感謝を申し上げます。 取り急ぎ、ご報告まで。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

農地を奪う判決許すな全国総決起集会

7月14日(日) 私、内田ひろきの後援会である柏の自治力を活かす会の仲間と6人で私、内田ひろきが事務局を務める市東さんの農地取り上げに反対する会と合流し、千葉市中央公園で行われた農地を奪う判決許すな全国総決起集会に決起した。 今日の集会には、900名が結集した。 いよいよ、市東孝雄さんを巡る裁判闘争は今月29日に判決公判を迎え、三里塚闘争は決戦の時となりそうだ。 国策裁判は、審理過程で勝利しても判決で敗訴する事が通例である。 しかし、この裁判闘争は絶対勝利を収め、欠陥だらけのブザマな成田空港を何が何でも廃港に追い込まなくてはならないのである。 足立まちこ成田市議と内田ひろき 食料自給率が40%を割り込んでいる現在、成田空港の拡張と農業を比較すると農業に公共性があるはずだ。 国は、日米軍事同盟と並ぶ日米経済同盟であるTPPを推進するためにも市東孝雄さんの農地を取り上げ、成田空港を拡張しようと躍起になっている。 地元、柏に目を転じて見ると、国策として進められてきた柏北部開発では、農地を収奪し、既に500億円以上もの税金がゼネコン資本に吸い上げられている。 国策で農地を奪い、開発する攻撃は成田空港の建設と同じである。 また、南部・沼南地域の上空は空港の拡張合戦に伴い、3層空域となっている。 下総基地の航空機は、地上から900m上空の範囲で飛行する。 2010年に羽田空港第四滑走路が供用開始となってからは、南風時に羽田へ向かう航空機が地上から1200m上空まで下降し、下総基地の航空機と300mの高度差にまで接近し、着陸態勢に入る。 成田空港を飛び立つ韓国便の全部とヨーロッパ便の一部は、気流に乗り切れず、柏の上空ではまだ離陸途上なのである。 航空機の運航は、離着陸時に最も危険がある事は言うまでもない。 住民を危険にさらし、農民の生きる権利を剥奪し、農地を収奪する空港の拡張合戦には公共性の一欠けらすらないのだ。 デタラメな空港政策と真っ正面から対決し、成田空港の廃港を要求する三里塚闘争は、まさしく正義なのである。 三里塚闘争に連帯し沖縄反基地闘争を闘う 安次富浩さんと内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

カレッジ・はなみづきの皆様と交流

7月12日(金) 私、内田ひろきが相談役を務める金子みすゞ詩朗読コーチング会の仲間を含め、カレッジ・はなみづきの皆様と26名が沼南公民館に集まり、金子みすゞ著「大漁」「私と小鳥と鈴と」「こだまでしょうか」を朗読した。 後半は私、内田ひろきが次のテーマで講演した。 ☆今なぜ市民活動か~ 金子みすゞの生き方から見る自然哲学 ★中間世代のパイプ役として語る 講演する内田ひろき 会場の沼南公民館だが、新市建設計画では沼南公民館を近隣センターに移管するとし、合併協定書を締結した。 しかし、合併後の柏市政を見ると、南北間格差と行政による沼南町に対する自治体内差別が横行している。 新市建設計画に位置づけられている事業だからとは言え、南北間格差と行政による沼南町に対する自治体内差別の解消を先送りにし、沼南町の社会教育拠点である沼南公民館を近隣センターに移管する方針には反対である。 カレッジ・はなみづきの皆様には貴重なご意見をいただきまた、有意義な時間を共に過ごせた事に感謝を申し上げます。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

参議院選挙がスタート

7月4日(木) もし、衆議院が解散しなかった場合、国政選挙が今後3年間、行なわれない事になる。 今回の選挙は、日本の進路を決める重要な選挙とも言われている。 私、内田ひろきは千葉県選挙区では、民主主義を追求し、強権政治と闘う長浜ひろゆき候補(民主党)を応援する。 長浜ひろゆきさんのキャッチは、ガラス張りの政治!である。 全国比例区では、沖縄反基地闘争の先頭で、闘い抜く山シロ博治候補(社民党)を応援する。 山シロ博治さんのキャッチは、オスプレイ来るな!である。 追伸 選挙期間中の早朝駅宣はお休みとします。 五香で演説する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

会派視察

7月3日(水) 昨日から2日間の日程で、会派(個人)視察に出向いた。 私、内田ひろきはどの政党ともまた、支援組織を持つ議員とも会派を構成していない。 柏市議会では1人だと会派の認定とならず、無所属として取り扱われるので、実質は個人視察である。 調査項目 (石川県羽咋市) 自然栽培等農業支援策について 1 自然栽培が始まった経緯について 2 自然栽培等多様な栽培方法との融合について 3 自然栽培への行政としての係わり方について 調査項目 (金沢市) 災害時の共助と自主防災組織の支援について 1 自主防災組織と行政の係わりについて 2 共助における個人情報の共有と有効的な取扱いについて 3 自主防災組織の個人情報を活用した避難訓練の実践について ここ1年間程、20歳代から40歳代までの方から自然栽培で就農したいと言う市民相談が何件か寄せられている。 しかし、これには幾つかの乗り越えなければならない壁がある。 慣行栽培と有機栽培、自然栽培は余儀なく対立的になってしまうのが実態である。 羽咋市では、2011年度から自然栽培支援が始まり、慣行栽培と有機栽培、自然栽培が上手く融合している。 羽咋市農林水産課長補佐とJAはくい営業課長はまず、第一次産業を守る事を共通認識とする事が重要だと語る。 慣行栽培と有機栽培、自然栽培は作付け区域を分離する事で共存できる。 慣行栽培には、農薬の飛散を防止するための砂防ネット対策補助事業も有効である。 有機栽培と自然栽培は作付け区域を分離する事で、土壌での微生物混在を回避できる事また、柏市にもあるような一定の排水インフラが整備できている遊休農地こそが自然栽培に、適している事を改めて学んだ。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。