月別アーカイブ: 11月 2016

ゆうびフェスティバル

11月26日(土) 豊四季で28年間、運営を続けているフリースクールゆうび小さな学園のゆうびフェスティバルに参加した。 ゆうびフェスティバルは今年で、10周年を迎えた。 ゆうび小さな学園は私、内田ひろきの実家のすぐ近くにある。 子ども達や青年達の活動に心を打たれた。 私、内田ひろきは視覚「障害」を理由に教師が加担した激しいイジメを受け、不登校になった。 また、アスペルガー症候群の息子も学校で、同様な苦しみを負った。 現在、会期中の国会では、多様な教育機会確保法が議員立法によって制定となる見込みである。 この法律は、公立夜間中学の開設にも有効である。 法律が制定すると、フリースクールが法的に位置づけられ、社会的認知度が増し、財政支援が受けられる可能性がある。 しかし、フリースクール関係の条文案では、個性を尊重した自由度の高い学習を阻害するとした課題や公教育の民営化であるとした指摘もある。 学習の主体である子ども達が、何を求めているのかを立法事実として捉える必要がある。 政府と自治体は法律が制定した際には、不登校の権利やフリースクールの自由度を尊重した運用に努めるべきである。 手作りのもつ煮込み、アジフライ、やきとり、豆乳たこやき、ワッフルをつまみに生ビールをいただきながら一時を過ごした。 通園者の皆様とスタッフ、ボランティアの方々に深く感謝を申し上げます。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

12月議会が始まる

11月25日(金) 今日から20日間の日程で、12月議会の審議が始まる。 第四次補正予算案や柏市情報公開条例改正案、柏市税条例改正案など、14議案を審議する。 私、内田ひろきの質疑・一般質問は12月7日(水)15時30分から16時30分。 所属する総務委員会での審議は12月9日(月)の予定。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

市東さんの農地取り上げに反対する会シンポジウム

11月20日(日) 私、内田ひろきが事務局を務める市東さんの農地取り上げに反対する会の主催で、百年を耕す・めげるヒマなし!三里塚・市東さんの農地闘争をテーマとしたシンポジウムを開催した。 私、内田ひろきの後援会である柏の自治力を活かす会の仲間と8人で、参加した。 今年は、市東孝雄さんを巡る最高裁での上告棄却を受け、これからの三里塚闘争は決戦の時となりそうだ。 一昨年のシンポジウムでは、北海道大学大学院教授で環境創生工学者の松井利仁先生から話を伺った。 政府と空港会社は、騒音を撒き散らし、離着陸制限(カーフュー)の緩和による24時間空港化と新たな第三滑走路建設を画策している。 オリンピックファシズムと成田の軍事空港化をむき出しにした国策暴力を粉砕する闘いは、革命を勝ち取る闘いそのものである。 昨年のシンポジウムでは、石原健二元立教大学教授、大野和興農業ジャーナリスト、鎌倉孝夫埼玉大学名誉教授、内藤光博専修大学教授と言うベストメンバーから発言を頂戴し、TPP参加や辺野古基地建設、原発再稼働などの国策暴力を一体のものとして跳ね返す必要性を確認した。 そして今日のシンポジウムでは、上告棄却の不当を訴え、農地闘争10年の原点を聞くインタビューで市東さんから、どんな事があっても三里塚の地で農業を続ける決意が語られた。 食料自給率が40%を割り込んでいる現在、成田空港の拡張と農業を比較すると農業に公共性があるはずだ。 国は、日米軍事同盟と並ぶ日米経済同盟であるTPPを推進するためにも市東孝雄さんの農地を取り上げ、成田空港を拡張しようと躍起になっている。 また、成田空港の軍事転用に焦っている。 住民を危険にさらし、農民の生きる権利を剥奪し、農地を収奪する空港の拡張合戦には公共性の一欠けらすらないのだ。 デタラメな空港政策と真っ正面から対決し、成田空港の廃港を要求する三里塚闘争は、まさしく正義なのである。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

東日本夜間中学実践交流会

11月13日(日) 昨日から2日間に亘って私、内田ひろきがスタッフを務める柏自主夜間中学の仲間を含む16人で、東日本夜間中学実践交流会に参加した。 東日本夜間中学実践交流会は、今年で初の開催となる。 私、内田ひろきは柏市議会議員に就任するずっと前の2000年から、公立夜間中学増設運動に係わっている。 公立夜間中学の開設については私、内田ひろきが柏市議会議員として、特に注力している政策テーマの一つでもある。 今年、9月議会での私、内田ひろきの質疑・一般質問の議論を以下に掲載します。 [問] 公立夜間中学開設の実現に向けた条件整備に着手して欲しいがどうか。 [市長答弁] 公立夜間中学校開設についてお答えをいたします。 国の動きとしましては、この秋の第192回臨時国会において義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案、いわゆる教育機会確保法案が継続審議されるものと承知しております。 この法律が制定されますと、公立夜間中学校を学校教育法施行令第25条第5号に基づく2部授業として設置されるものが直接法律の規定に基づく制度として検討できる事になるもので、大変注目をしております。 市といたしましても、社会情勢の変化に伴い多様な教育ニーズが求められてきている状況にもありますので、さまざまな事情で義務教育を修了できなかった方や十分な教育を受けられないまま学校の配慮等により中学校を卒業した方で改めて中学校で学び直す事を希望する方に対しては、何らかの形で社会が支えて行く必要があるとの視点から、公立夜間中学校は有効な手段の一つであると認識をしております。 市としましては、この教育機会確保法案が制定された際には、公立夜間中学校について具体的な調査検討に努めてまいります。  

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

朗読奉仕サークルの皆様と交流

11月9日(水) 今日は、中央公民館で私、内田ひろきが役員を務める柏市視覚障害者協会が、いつも広報かしわの音訳でお世話になっている柏市朗読奉仕サークルの皆様と落語会を開催し、交流を深めた。 ほっとする一時を過ごす事ができた。 朗読奉仕サークルの皆様、ありがとうございました。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

全国労働者総決起集会

11月6日(日) 日比谷野外音楽堂に動労千葉や関西地区生コン支部を始めとし、戦闘的に闘う労働者が結集した。 反貧困、反失業、反原発、反戦、反差別の闘いは一体である。 ここ数年は、世界各国で民衆の力が独裁政権を打倒した。 2013年のアメリカでのデフォルトの危機は、まさしく資本主義の破綻を物語っている。 今、99%の労働者・民衆は現代版の蟹工船に乗せられてしまった。 たった1%の資本家・支配者の権力を維持するためになぜ、99%の労働者・民衆が犠牲を負わなくてはならないのだと言いたい。 働けば働く程、暮らしが苦しくなる世の中を変える。 正に、革命情勢なのである。 今日の集会では、韓国民主労総の戦闘的な闘いが報告された。 全学連に結集する学生の鮮烈な決起が会場を熱くした。 あらゆる違いを乗り越え、99%の労働者・民衆が手をつなぎ、弱肉強食の新自由主義を粉砕する歴史の転換期を迎えているのではないだろうか。 戦争で殺されるか、貧困で殺されるか、放射能で殺されるかと言う局面にある腐った世の中を変えるためには、戦争への道ではなく革命への道。 今日の集会で、改めて確信した私、内田ひろきの思想である。 闘争勝利の原点は、市民運動と労働運動、解放運動が互いの立ち位置を尊重し、団結を深める事にある。 夕方からは私、内田ひろきが所属する東葛同和教育研究会の研究集会の交流会に参加した。 東葛同和教育研究会は、結成から14年目を迎えた。 東葛同和教育研究会とは、東葛地域で同和教育や解放教育、人権教育に係わる教育労働者と被差別部落に暮らす人々、部落解放運動に携わる市民が、未だに根強い部落差別を始めとするあらゆる差別を撤廃し、被差別部落の子ども達が部落出身を誇りに思える社会を形成するために活動している。 人間が暮らして行くために欠かせない食肉や皮なめし、伝統芸能などの文化を産業として位置づけてきたのが被差別部落なのである。 地元、柏と並び私、内田ひろきにとって、会場である関宿には深い思い入れがある。 私、内田ひろきの母校は関宿高校である。 関宿高校に入学し、さまざまな「障害」をもつ仲間や外国人、被差別部落出身者など差別と抑圧を受け、同じ境遇を共にする友人達との出会いで解放研究会を立ち上げ、活動していた高校時代が懐かしく感じる。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。