月別アーカイブ: 6月 2014

6月議会が終わる

6月26日(木) 1年間に4回の定例議会が開かれる。 私、内田ひろきが柏市議会議員に就任し、今議会でこの4回を3順した。 今議会では老朽化した市立病院の建て替えと公設市場移転中止に伴う裁判の和解案、この和解金として2億2千万円を計上した第一次補正予算案が議論の争点となった。 柏市立病院は現地建て替え案と柏の葉移転建設案に絞られた。 市立病院は現地建て替え案でも、柏の葉移転建設案でも現在の200床に小児科病床40床を加え、240床とする計画である。 私、内田ひろきは現地建て替え案に賛成で、柏の葉移転建設案には絶対反対である。 市立病院は政策医療である為、二次医療の空白地域となっている現在地での建て替えが必要だ。 市立病院を柏の葉地域に移転して建設すると現在地から二次医療が消えてしまう。 柏の葉地域では、既に5年前から辻仲病院が198の病床を稼働し、診療を開始している。 二次医療の空白地域を作り、民間医療機関と患者の奪い合い競争までも生み出し、柏の葉地域にわざわざ移転建設する案には大きな謎がある。 柏の葉地域に移転して建設するためには、疑問だらけの北部開発による区画整理事業地から新たに用地を取得する為、莫大な費用を必要とする。 もし、柏の葉移転建設案に決定した場合に秋山市長は、この財源として市債の発行も考えているようだ。 市長就任時に2千300億円だった債務残高を1千900億円に圧縮している。 せっかく借金を減らしても、また借金を積み重ねる事になれば、2013年度の包括外部監査で過大な稼働率予測だったと指摘を受けている南部クリーンセンターの建設で多額の借金をした二の舞となってしまうのである。 次に私、内田ひろきは公設市場移転中止に伴う裁判の和解案とこの和解金として2億2千万円を計上した第一次補正予算案に反対した。 経過を簡単に追ってみる。 第四次本多市政の時に柏市公設市場は、常磐道柏インターチェンジの付近を区画整理と抱き合わせで移転整備する計画が具体化した。 その後2009年11月に、第一次秋山市政が誕生した。 市場の移転をゼロベースで見直すとマニフェストに謳った秋山市長は2010年に、PFI方式による移転建設案と現地建て替え案、現地修繕案の可能性を試算した結果、どれも多くの経費負担が予想されるとし、結論を先送りにした。 その後2011年8月に、市場移転中止を決断した。 ところが、市場移転と言う柏市の政策に依拠した区画整理組合設立準備会は、市場移転中止で損益を受けるとし、保証金として約3億円の支払いを柏市に求めた。 柏市は、要求の根拠が乏しいとして区画整理組合設立準備会からの求めに応じなかった。 これを受けて、区画整理組合設立準備会は柏市を相手取り、約3億円の損害賠償請求を起こした。 今年5月に、裁判所から2億2千万円で和解するよう提案があった。 今回の提案では、公金から2億2千万円を被告である柏市が原告である区画整理組合設立準備会に支払うよう求められている。 区画整理組合設立準備会は、元々の条件が異なる沖縄県宜野座村が工場誘致の撤回で和解した時の判例などを原告準備書面の中で主張している。 被告である柏市は不利に訴訟が進んでいるとし、議会の同意を前提に和解提案を受け入れるとした。 柏市が、市場移転中止を決断した政策変更には、誤りは無かったのである。 しかし、柏市は被告準備書面の中で事実を争わないと明言している。 市場移転中止と言う政策判断が、妥当だったとするのであれば判決まで持ち込み、仮に敗訴したとしても控訴して勝訴を勝ち取るべきだったはずである。 裁判所からの和解提案を受け入れた事は、被告である柏市が原告である市場移転と言う柏市の政策に依拠した区画整理組合設立準備会と結託し、保証金の額を司法の判断に委ねただけの政策裁判と言っても過言ではないのだ。 柏市役所にて内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

歌と踊りと朗読の会2014

6月23日(月) いよいよ、本日が平和のいのり 沖縄慰霊の日 歌と踊りと朗読の会 2014 私、内田ひろきの後援会である柏の自治力を活かす会の仲間も多数が参加。 お時間のある方は、是非鑑賞してください。 平和のいのり 沖縄慰霊の日 歌と踊りと朗読の会2014のご案内 ぬちぬ ぐすうじ さびら! (命のお祝いをしよう!) 今年の朗読 “ 疎開船 対馬丸撃沈事件“ ~ 沖縄戦への道 など 反戦・反基地・反原発を音楽で表現する 私の友人でもある井上ともやすさんがゲスト出演 会場:アミュゼ柏プラザ(1F 小ホール) 日時:6月23日(月) 昼の部 14時30分開演   夜の部 18時30分 入場料:300円 主催:沖縄 6・23 歌と踊りの実行委員会 後援:柏市 柏市教育委員会 沖縄県 皆様のお越しをお待ちしております。 昨年の様子 昼の部に参加し踊る内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

総務委員会

6月20日(金) 今日の審議では柏市税条例改正案に関連して、国の税制改正と地方財政計画に対する論議を深めた。 今年10月1日から、地方交付税の交付対象となる全ての市区町村で、法人市民税の一部が国税化し、新たに法人地方税が設けられる。 これによる柏市の歳入における将来的な減収見込み額は、6億円近くにも上る。 政府は減収分を地方交付税の算定に加え、振り替えるとしている。 しかし、地方交付税の計算式は国の財務官僚によって、いかようにも解釈が変えられてしまうのである。 国の税制改正と地方財政計画は自治体からの搾取を強行する取り立て制度なのだ。 柏市の一般会計は決算ベースで約1千2百億円である。 この内、半分の約600億円が市税収入となっている。 つまり、法人市民税収を減額し、国税化する事は自治体イジメ以外に何者でもないのである。 私、内田ひろきの質疑項目は、次の通りです。 (1)柏市税条例改正案について (2)国の税制改正と地方財政計画について (3)高規格救急自動車の取得について (4)特定秘密保護法制定による柏市への影響について

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏自主夜間中学の定期総会

6月18日(水) 私、内田ひろきがスタッフを務める柏自主夜間中学はこの4月で、丸5年を迎えた。 今年は、柏自主夜間中学のこれからを生徒さんとスタッフが共に考える年になる。 今日の総会では、学び合いと語り合いの場である柏自主夜間中学が発展するための論議を交わした。 私、内田ひろきは自主夜間中学と並び、必要に迫られているのが公立夜間中学であると強く主張する。 学齢期に学ぶ事ができなかった義務教育未就学者が2000年の国勢調査で、柏市だけでも3ケタに上り東葛6市では、 4ケタに達している。 この数は氷山の一角に過ぎないと言われている。 2006年には、日弁連が国や自治体に対し、義務教育を受けられなかった市民を救済すべきとした意見書を決議した。 2010年の国勢調査は就学状況調査が行われた。 一昨年6月に公表となった就学状況調査の結果を分析すると、義務教育未就学者の総数は減少を示しているが、若年者と中高年者の割合が大幅に増加している。 戦中戦後の混乱期に義務教育を受けられなかった高齢者が、学びへの権利を奪還できないまま、無念にもこの世を去った。 行政が公立夜間中学を開設しなかった事による悲劇なのである。 現在、県内では総武沿線の市川市にしかない公立夜間中学を常磐沿線の柏市で早期に開設するべきだ。 学びの場を市民が提供する自主夜間中学と車の両輪となる学びへの権利を行政が保障する公立夜間中学との連携が必要なのである。 自主夜間中学と公立夜間中学では、役割分担が確立している。 国策や自治体施策の不備により、学びを奪われ犠牲となった義務教育不就学者、未修了者の学びへの権利は、公立夜間中学でなければ保障できないのである。 今議会では私、内田ひろきの質疑・一般質問に対する答弁で秋山市長は、自身の現任期中に公立夜間中学の開設を選択肢に含め、義務教育未就学者への学習権保障施策を講じたい旨を明らかとした。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

質疑・一般質問

6月13日(金) 1年間に4回の定例議会が開かれる。 私、内田ひろきが柏市議会議員に就任し、今日の質疑・一般質問でこの4回を3順した。 本会議の様子は、本日よりインターネットで録画配信。 柏市議会で検索。 私、内田ひろきの質疑・一般質問通告書を以下に掲載します。 2014年6月議会 質疑・一般質問通告書 1 市長の政治姿勢について (1)2名体制である副市長の役割分担は今後どうするのか (2)義務教育未就学者の学習権保障に当たっては公立夜間中学の開設を一つの選択肢とし、現任期中に何らかの方向性を示す意向でいるか (3)放射能対策の内、子どもの健康調査に向けて市民とどう対話し、何を模索するのか 2 第五次総合計画の策定について (1)市長の選挙公約と総合計画の関係をどう捉えているか (2)これまでと同様な計画期間は見直しするべきと考えるがどうか (3)計画策定に係るスケジュールの説明を求める (4)議決案件とする事で計画年度の予算が拘束を受けてしまうのではないか (5)計画策定に関する市民意識調査で特に着目する点は何か (6)放射能対策が計画に位置づけられるよう協議して欲しいがどうか 3 放射能低減対策について (1)マイクロスポットパトロール事業の進捗状況と今後の対応方針を問う (2)賃貸借契約を締結している住宅の線量測定と除染にはどのような支援ができるのか 4 北部東地区の区画整理について 大室地区の区域除外に係るこれまでの経過整理を求める 5 農業について (1)市街化区域における工業型水耕栽培に対してはどのような規制や指導ができるのか (2)工業型水耕栽培は農地法でどのように位置づけられているか 6 動物愛護・管理条例について (1)県条例制定の動きと合わせ柏市の条例はどのように改正するのか (2)動物愛護ふれあいセンターの機能と殺処分ゼロを目標とする旨の理念を明文化する必要はないのか 7 幼保連携型認定こども園設備運営基準条例案について (議案第9号) 幼稚園教諭と保育士の位置づけに混乱が発生するのではないか 8 公設市場移転中止に伴う裁判の和解について (議案第16号、第18号) 判決予測がどうであろうと高裁で争うとした方針を取らなかったのはなぜか

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

早朝駅宣スケジュール

6月10日(火) 3週1クールで内田ひろきニュース、集会や勉強会のご案内を配布しています。 金曜日→逆井(西口)・柏(西口)・南柏(西口) 月曜日→逆井(東口)・柏(東口)・豊四季 火曜日→増尾(西口)・増尾(東口)・新柏(東口) 水曜日→南柏(東口)・北柏(南口)・北柏(北口) 木曜日→高柳・新柏(西口)・五香(東口) 増尾でビラを配る内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

6月議会が始まる

6月6日(金) 今日から21日間の日程で、6月議会の審議が始まる。 子ども・子育て新システムに関連し整備する条例案や公設市場移転中止に伴う裁判の和解案、第一次補正予算案など、19議案を審議する。 私、内田ひろきの質疑・一般質問は6月13日(金)15時30分から16時30分。 所属する総務委員会での審議は6月20日(金)の予定。 今日の本会議では審議に入る前、戸辺実議員に35名の議員が全員で1分間の黙祷を捧げた。 今年3月21日、戸辺実議員がご逝去なされました。 心よりご冥福をお祈りすると共に、ご遺族様に深くお悔やみを申し上げます。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。