月別アーカイブ: 5月 2011

5月21日(土)

5月21日(土) 友人からの連絡によると、昨日開かれた三里塚の現闘本部を巡る裁判で、不当判決に正当な抗議をした傍聴者を裁判所が機動隊まで動員し、強制排除したと言う。 警察は、不当にも空港反対同盟の仲間や支援者を次々に大量逮捕したとの事らしい。 国家権力の暴挙が、表現の自由と言論の自由を奪い取っているのである。 私、内田ひろきは昨年2月に千葉地裁の判決公判を傍聴した。 地裁は「現闘本部を空港会社に明け渡せ」との不当判決を下したが、仮執行宣言がつかなかった為、空港会社は焦りに焦っていた。 その後、舞台は高裁に移り仮執行を認め、訴えを棄却したのである。 つまり、最高裁の判決を待たずに現闘本部が撤去されてしまう。 昨年、成田市は使われる見込みのない、への字誘導路の危険性を回避するとの名目で、三里塚の農民である市東孝雄さんの家から畑まで通じる市道を廃止し、空港会社に払い下げたのである。 成田市議会は、28対1でこれを可決した。 現在、航空需要は伸び悩んでいる。 こんな時になぜ、意地になり成田空港の年間発着枠を30万回にし、羽田空港との競争に走るのだろうか。 この競争により、羽田空港の第四滑走路に着陸する航空機が柏市の上空1200mまで、下降し飛行する。 その下300mの高度差で下総基地の航空機が訓練飛行をしている。 私、内田ひろきは農業と人権を破壊し、住民を危険と騒音化にさらす、空港の拡張合戦には絶対反対である。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

5月20日(金)

5月20日(金) 今日は、柏市視覚障害者協会の定期総会に出席した。 東日本大震災の影響を受け、1ヶ月遅れの開催となった。 視覚にのみならず、「障害」があると震災発生時の情報不足や交通網の混乱に戸惑う。 議案の審議を終え、震災発生時に各々がどう行動したら良いのかを話し合った。 こうした自助・共助に加え、重要な事は公助である。 私、内田ひろきは「障害」をもつ当事者の立場から、公共施設の耐震化とバリアフリー、道路修繕を一体的に整備する計画作りが急務であると強く主張する。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

5月18日(水)

5月18日(水) 今日は、柏自主夜間中学のスタッフが集まり、生徒さんが抱える学習課題や今後の運営方針を話し合った。 東日本大震災以降、休校や教室の変更が相次いだがようやく、平常体制を取り戻しつつある。 会議の真っ最中に、ペルーから来日した45歳の男性が日本に永住する為、日本語を習得したいと見学に訪れた。 生きるための道具である考える力、自らを主張し表現する力、他人との違いを受け入れる力を身につける事こそが、夜間中学で学ぶ生徒さんとスタッフの基本なのである。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

5月17日(火)

5月17日(火) 今日は、震度6以上の地震で、倒壊する危険がある市役所旧庁舎の取り壊しを担当課に要請した。 私、内田ひろきは3月11日の東日本大震災から、この庁舎を至急解体すべきと早朝駅宣など、あちらこちらで主張し続けてきた。 どうやら、6月議会に解体工事の費用を計上した補正予算を提案するらしい。 こうした緊急性の高い事業は、定例議会を待たず臨時議会を開き1分1秒でも早く対応するべきだったのではないだろうか。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

5月8日(日)

5月8日(日) 柏北部開発大室反対協議会の方々と懇談。 今日は、今後の闘争方針について協議した。 独立行政法人UR(都市再生機構)は、2012年に内部の事業評価委員会を開き、大室東地区の計画を再評価する。 ここで、大室東地区を継続するか、見直しするかの判断をする事になる。 昨年度の決算審査特別委員会で秋山市長は、URに一定の配慮をしながらも大室地区について、何らかの見直しが必要であると答弁している。 正に、今年から来年にかけてが、この闘争の正念場なのである。 仮に、どんな方向性が示されたとしても、柏北部開発大室反対協議会は妥協する事なく、区画整理区域から同地区の除外を要求し続けるようだ。 私、内田ひろきはこれからも柏北部開発大室反対協議会の方々と連帯し、勝利を勝ち取りたいと決意を新たにした。 農業を破壊し、人権を奪う開発は断固反対である。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

5月5日(木)

5月5日(木) 私、内田ひろきが所属する無所属市民の会、柏市南部9条の会も実行委員会に加わり、かしわ市民憲法集会を開いた。 講師は世界を股にかけ、取材を続けている伊藤千尋さん。 1日の大田昌秀さんの講演に重ねて話を伺った。 学んだ事は、憲法9条と14条、25条を一体的に活用する事である。伊藤さんは護憲や改憲と言う前にまずは、「活憲」と主張しておられた。確かにその通りだと思う。 憲法が時代に合わなくなったから変えてしまうのではなく、憲法に時代を合わせるべきである。 そのためには暮らしの中に憲法を浸透させ、活用する必要があると強く感じた。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

5月1日(日)

5月1日(日) 私、内田ひろきの地元にある藤心近隣センターへ元沖縄県知事の大田昌秀さんにお越しいただき、講演会を開いた。 子ども達を中心とした三線と踊りが披露され、講演に移った。 大田さんの話の中で私、内田ひろきと同じ平和概念を主張しておられる事に感銘を覚えた。 戦争は、直接的暴力であるのに対し、差別や格差、抑圧などは構造的暴力であると規定しておられた。 私、内田ひろきは常にこれを訴え続けている。 この両方が撲滅できてこそ、真の平和が訪れるのだと思う。 直接的暴力がなくなれば、間接的暴力はなくなる。 間接的暴力がなくなれば、直接的暴力もなくなるに違いない。 大田さんは明日、松戸自主夜間中学の記念授業で教壇に立ち、憲法記念日には東葛地域の市民団体が実行委員会を作り、開催する憲法記念日の集いで講演をするようだ。 多忙の中、貴重な話をいただき感謝に絶えない思いである。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。