月別アーカイブ: 5月 2016

チェルノブイリ28年目の子どもたちミニ上映会・おはなし会

5月29日(日) 私、内田ひろきがスタッフを務めるエナガの会の主催で、チェルノブイリ28年目の子どもたちミニ上映会&おはなし会を開催した。 チェルノブイリ28年目の子どもたちを観て私、内田ひろきが所属する放射能からこどもを守ろう関東ネットのお二人のお母さまからお話を伺い交流した。 今日の企画のように、点の裾野を線から面へと広げたいと言う思いがある。 どんな情勢・状況でも未来がある。 過去や現実から逃避するのではなく、未来を勝ち取るための仲間づくりの場がこれからますます重要である。 市民運動に辿りつく一歩前の段階で迷っている人、戸惑っている人達が互いを語れる小規模な場を少しずつ作って行きたい。 今回の企画は、その一つである。 一人ができる事は限られているので、多様な関係性を大切にしたい。 エナガの会の様子

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

増尾西小の運動会

5月21日(土) 地元、増尾西小の運動会に招かれた。 例年は秋に開催している運動会だが、今年も熱中症対策により春の開催となった。 今月に入り、急に夏めいてきて幾分蒸し暑い朝を迎えたが、幸運にも天候に恵まれ、子ども達は元気いっぱいの様子だった。 私、内田ひろきは「障害」を理由に運動会から排除される小学校時代を送っていた。 子ども達には、今日の日を良い思い出にして欲しいと願うばかりである。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏自主夜間中学の定期総会

5月18日(水) 私、内田ひろきがスタッフを務める柏自主夜間中学は、今年の4月で設立から8年目に入った。 柏自主夜間中学は、教育福祉会館2階和室と上階に併設する中央公民館創作室の2教室で授業を開いている。 日時は、毎週木曜日の18時から21時。 学び合いと語り合いの場である柏自主夜間中学に是非ご注目ください。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

総務委員会の視察

5月13日(金) 私、内田ひろきが所属する総務委員会で、5月11日(水)から本日までの3日間に亘り、次の日程で視察に出向いた。 5月11日(水)北海道函館市、函館市行財政改革プラン2012について 5月12日(木)青森市、青森市総合戦略について 5月13日(金)青森県弘前市、津軽地域4消防本部の広域化について 柏市議会には4つの常任委員会がある。 36議席を委員会の数で割り返した9名がそれぞれの定数となる。 ・総務→財務、税務、通信、人事、契約、企画統計、広域自治、防災防犯など ・市民環境→ゴミ、環境、水道、市民活動、保険年金、広報、消費生活、国際交流など ・教育民生→文化芸術、スポーツ、教育、保育、保健衛生、医療、福祉、生活保護など ・建設経済→都市計画、交通、道路、農業、商工、雨水排水、住宅、公園など

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

かしわ市民憲法集会

5月3日(火) こどもたちが平和に生きられるためにをスローガンにかしわ市民憲法集会を開催した。 私、内田ひろきが所属する柏市南部9条の会も実行委員会に加わっている。 私、内田ひろきの後援会である柏の自治力を活かす会の仲間も多数が参加した。 同志社大学大学院教授の浜矩子さんから話を伺った。 地元、柏の憲法集会は柏市平和都市宣言の25周年を受け、2010年から始まり今回で7回目となる。 昨年は柏市平和都市宣言から30周年目、今年は平和憲法誕生から70周年目に当たる。 私、内田ひろきはこの間、多くの戦争体験者から体験談を伺う中で、印象に残る言葉がある。 「戦争は秘密から始まる」「戦争は知らぬ間に始まる」「気づいた時には戦争が始まっている」「戦争が始まったら後戻りできない」「戦争が始まったらNOとは言えない」との言葉である。 日本は今、新自由主義と復古主義を混合した右翼的な国家主義論で、世論がむしばまれている。 治安弾圧の法制化でもある特定秘密保護法と集団的自衛権の行使を可能にする安保法制、赤紙発行リストに転用できるマイナンバー制度によって、市民を戦争に動員しようとする策動攻撃が仕掛けられている。 マイナンバー制度は、格差と貧困によって虐げられている労働者・民衆、利息までも搾取する奨学金の返済で虐げられている若者達を経済的徴兵制にかりだす赤紙発行リストのようなものだ。 資本権力とメディアを味方につけた安倍政権がテロとの戦いを口実に、集団的自衛権の行使に踏み切るのではないかと強く警戒するものである。 テロと戦争、戦争とテロのいたちごっこに陥ってはならない。 安保法制に見られる日米同盟の強化は、アジア近隣諸国を含む世界各国に緊張と脅威を与えるだけではなく、排外主義とナショナリズム、仮想敵国脅威論を民衆に植え付けてしまう。 このままでは、日本は世界から孤立してしまう。 テロの根絶にとっては国際的にも、国内的にも格差と貧困を解消する事が重要だ。 日本にとって最大の抑止力は、憲法9条を未来へ繋ぎ、活かし、守る事である。 憲法9条は解釈改憲も、明文改憲も絶対に許してはならないのである。 また、1960年に改定した日米安保条約の二条に位置づけられる日米軍事同盟と並ぶ日米経済同盟を具体化したTPPを打倒する闘いとオスプレイ撤去、沖縄反基地闘争は、一体的な闘いとする必要がある。 日本はTPP経済戦争から、直ちに離脱するべきである。 安倍政権の発足により、民主主義は崩壊の一途を辿り、言論弾圧が強権的に進められようとしている。 日本は、アジア近隣諸国と共生できるはずである。 今こそ、将来の日本の進路が問われている。 9条改憲攻撃を粉砕し、沖縄反基地闘争と連帯する重要性を改めて実感した。 政府は、日本にある全ての米軍基地を撤去し、辺野古新基地建設を直ちに中止するべきである。 暴力装置と化した国家権力は凶暴な刃をむき出しにし、99%の労働者・民衆に襲いかかってきている。 反原発の闘いと反雇用破壊の闘いとも一体となり、戦争に繋がる搾取と弾圧、優生思想を跳ね返す時なのだ。 国家権力・資本権力を打倒し、インターナショナルの歌詞に見られる世界的社会革命の進化とも言える21世紀型現代革命の情勢が到来したのである。 戦争への道ではなく革命への道。 私、内田ひろきは柏市議会唯一の急進左翼議員として、戦争反対、原発反対を掲げ、横暴な権力に対して反撃し、抵抗を続け、反体制勢力の束ね役として頑張ります。 3月予算議会では、秋山市長と次のような議論を交わしました。 私、内田ひろきの質疑・一般質問の記録を以下に掲載します。 [問] 今年は平和憲法誕生から70年を迎える。 憲法9条の歴史的役割の認識を踏まえ、柏市平和都市宣言を活かした施策を展開して欲しいがどうか。 公務員の憲法遵守義務と合わせて問う。 [市長答弁] 憲法9条は、戦後の日本において大変大きな役割を担ってきたと認識している。 悲惨な戦争を二度と起こしてはならないと言う反省のもとに、その精神的な支柱となったのが憲法9条であったと考えている。 … 続きを読む

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏自主夜間中学がテレビに登場

5月1日(日) 私、内田ひろきがスタッフを務める柏自主夜間中学が柏市広報番組である「これってナンダイ!?市立柏研Q所 第45話 」で取り上げられます。 15分番組の中の3分程です。 放送期間は、今日から今月15日までです。 9時、12時、20時の1日3回の放送です。 視聴方法は、JCOMチャンネル(地デジ11チャンネル)です。 市役所本庁舎と沼南庁舎のロビーまた、各近隣センターでも視聴できます。 柏市役所ホームページでは、明日から視聴できます。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。