月別アーカイブ: 4月 2014

ジャンボタクシーの視察乗車

4月28日(月) 2011年9月に私、内田ひろきが柏市議会議員に就任して以降、3度目となるジャンボタクシーの視察乗車となった。 私、内田ひろきの質疑・一般質問の中で、ジャンボタクシーの路線再編方針が明らかとなった。 ジャンボタクシーの路線再編については、2011年12月議会と2012年12月議会、2013年9月議会、2014年3月議会で取り上げている。 この間、何度かの変更を経て、新たな路線再編方針がまとまった。 沼南コースは大きく路線を再編し、逆井駅(東口)を拠点に藤心2・3丁目と藤心1・4丁目を通り、沼南庁舎と南部老人福祉センター、いこい荘、高柳駅方面まで行かれるようになった。 前回の視察乗車では、柏南自動車教習所停留所が敷地内にあって、出入りだけでも遅延の原因となるとした意見が寄せられた。 役所の担当者によると柏南自動車教習所に停留所が設けられた理由の一つには、高齢者教習を受講する市民の利便性を図る目的があるとしていた。 しかし、柏南自動車教習所は独自に送迎バスを運行している。 これを受け、昨年9月議会の質疑・一般質問で柏南自動車教習所停留所の移設または廃止を求めた。 今月からのダイヤ改正で、柏南自動車教習所停留所は廃止となった。 また、沼南コースには新たなルートを新設して高柳駅から沼南の里を経由し、沼南庁舎といこい荘方面まで向かう。 南増尾コースは現行ルートに加え、増尾5・8丁目方面まで一部の便を延伸し、南部老人福祉センターへ向かうルートとなった。 逆井コースは藤心近隣センターを経由し、南部老人福祉センターへ向かう現行ルートを堅持する。 コミュニティー交通の一つであるジャンボタクシーは、バス路線として8時から19時頃まで停留所を回り、時刻表に基づき運行しています。 運賃は200円です。 障害者と介助者1名、子どもは半額で乗車できます。 また、回数券を使用した場合の運賃は140円です。 障害者と介助者1名、子どもは回数券を使用しても半額で乗車できます。 車内で販売している回数券は、7枚綴りで500円です。 回数券は4コース共通で使用できます。 12月29日から1月3日までは運休です。 南部老人福祉センターで ジャンボタクシーに乗車する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

グループ・飛躍の春合宿

4月27日(日) 昨日から私、内田ひろきが所属する「視覚障害」者問題を考える会であるグループ・飛躍の春合宿に参加した。 飛躍は、福祉制度改悪阻止の闘いや分離教育粉砕の闘いなど「障害」者解放闘争に軸足を置き、反戦・反差別を中心に取り組んでいる。 合宿の時は「障害」者問題に限らず、さまざまな社会問題に触れている。 2010年の夏には反基地闘争に連帯し、3泊4日の日程で沖縄を訪問した。 この年の春には、柏北部開発反対運動を担う大室反対協議会の方と交流。 2009年の8月には山中湖で指定管理者に運営を委ねている図書館に働く労働者の現状を学んだ。 殆ど視覚「障害」者の長旅だが、いつも無事に帰宅する事ができる。 弱視の人に白杖を持った人が3、4人連なって歩く姿も社会啓発になっているのかも知れない。 昨年の夏合宿は、北海道でアイヌ民族差別の実態とアイヌ民族が培ってきた文化の素晴らしさを学んだ。 今日は私、内田ひろきの43回目のバースデー。 この間、扇風機しかなかった頃から満員電車に 揺られ遠方まで通勤・通学して来られた方、商業や農業に汗水流して来られた方、労働運動や安保闘争に没頭して来られた方。 こうしたさまざまな立場の皆様から 貴重な体験をお聞かせいただき、生き方に学び、若者達が感じている社会への憤りとを繋げ、政治に反映して行く事が中間世代の私、内田ひろきに 与えられた責務であると感じます。 身の引き締まる思いです。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏市視覚障害者協会の定期総会

4月25日(金) 今日は、柏市視覚障害者協会の定期総会。 この会では私、内田ひろきが最年少。 先輩方の生き方に学ぶ事ができました。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

内田ひろきニュース2014年第2号

4月21日(月) 現在、配布している内田ひろきニュース2014年第2号の記事を紹介します。 ***市議会への疑問にお答えします*** この間、駅頭での声かけやメール、アンケートなどで市議会議員の仕事がみえづらいと言った疑問が複数、投げかけられています。 今号では自らの日常活動を参考資料としながら、この疑問にお答えします。 ・・・内田ひろき主な活動・・・ ・早朝駅宣 ほぼ、3週1クールで9駅15ヶ所を曜日ごとに決めて内田ひろきニュース、集会や勉強会のご案内を配布しながら市政報告をしています。 ・内田ひろきニュース 市政報告の一環として、年に6回の内田ひろきニュースを発行しています。 ア 内田ひろきニュース第1号  12月に開かれる定例議会の報告です。 イ 内田ひろきニュース第2号  3月に開かれる予算議会の報告です。 ウ 内田ひろきニュース第3号  次年度の予算要望に向けたアンケートです。 エ 内田ひろきニュース第4号  6月に開かれる定例議会の報告です。 オ 内田ひろきニュース第5号  9月に開かれる決算議会の報告です。 カ 内田ひろきニュース第6号  1年間のまとめです。 ・日常活動 ア 議会審議 年に4回の定例議会で質疑・一般質問を行います。 持ち時間は60分です。 また、年に4回の定例議会中に開かれる常任委員会、閉会中に開かれる常任委員会で質疑を行います。 常任委員会には、特に持ち時間はありません。 イ 視察 所属委員会で年に1・2回の宿泊を伴う視察をします。 議会閉会中は、市民要望のあった案件についてまた、政策を実現するために必要な事例について視察します。 ウ 市民相談 市民が抱える課題の内、行政への窓口が必要となる事案に対応します。 エ ヒアリング 視察で習得した案件や市民相談で対応した案件をまとめた上で、行政に説明を求め、必要に応じ資料を請求します。 オ 政治闘争 柏市の枠を超え、国と県の誤った政策を批判し、集会や現地闘争に決起します。 カ ホームページ 月平均1200件のアクセスがあるブログ記事に議会審議や視察、プライバシーに係わらない市民相談、ヒアリング、政治闘争などの報告と見解を掲載します。 ☆柏市議会議員の公務日数は、約50日です。 この他に各議員が政務活動費を用いて、自らの政策的見地から、さまざまな政治活動や市政報告会の開催に取り組んでいます。 柏市議の報酬と政務活動費は? 柏市議会議員の報酬は月額57万3千円で、この額に約4ヶ月分を乗じた期末手当の支給を受ける。 議員には、この支給額に見合うだけの活動が市民から求められている。 柏市議会の政務活動費は、会派所属議員が年間96万円で私、内田ひろきのようにどの政党ともまた、支援組織を持つ議員とも会派を構成していない無所属議員が年間60万円である。 政務活動費は、税金から支給を受ける。 … 続きを読む

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏楽園町会の定期総会

4月20日(日) 地元、柏楽園町会の定期総会が開かれた。 昨年から地域公益活動補助金制度が設けられた。 しかし、この制度には欠陥が多い。 防災、防犯、環境、コミュニティーなどの事業から1事業を選択し、申請する。 交付決定後の補助上限額は年間10万円である。 町会加入率は、年々低下している。 これを打開するためには、使い勝手の良い仕組みの補助金制度に改良しなければならないのである。 これからの柏市におけるコミュニティーの活性化には自治体内分権が必要だと思う。 現在、地域ふるさと協議会と町会がその役割を担っているが、権限と財源を役所が握っている実態は変わらない。 近隣センター単位に自治区を分け、近隣センターや公園管理、防犯灯やカーブミラーの整備、道路修繕要望、地域の子育て事業などは、それぞれの自治区の権限で実施できるよう、役所が財源分配を予算化するべきである。 自治区の決定権は6名程度の議員を選挙し、議院内閣制により自治区長を選任する。 その自治区長が住民から執行部を編成し、提案事項を自治区議会で議決する。 これにより、市議会議員の御用聞きが減少する為、政策で市議会議員が選ばれるようになるだろう。 これが実を結べば、しがらみのない政治に一歩踏み出せるはずだ。 自治区議会がしっかり機能すれば、市議会議員の定数削減も一つの選択肢となるだろう。 柏楽園ふるさと会館にて内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

早朝駅宣スケジュール

4月18日(金) 3週1クールで内田ひろきニュース、集会や勉強会のご案内を配布しています。 金曜日→逆井(西口)・柏(西口)・南柏(西口) 月曜日→逆井(東口)・柏(東口)・豊四季 火曜日→増尾(西口)・増尾(東口)・新柏(東口) 水曜日→南柏(東口)・北柏(南口)・北柏(北口) 木曜日→高柳・新柏(西口)・五香(東口) 逆井で演説する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

増尾西小の入学式

4月10日(木) 昨日の逆井中に引き続き、今日は地元の子ども達が通う増尾西小の入学式に招かれた。 君が代の斉唱には不起立で臨んだ。 式の最中は、子ども達の入学を祝福しながら、自らの幼少時代を思い浮かべていた。 私、内田ひろきは1971年、千葉県野田市で生まれた。 右目は生まれつき全く見えず、左目はうっすらと見えていた。 小学校に入り医師より、残された左目の視力も失ってしまうと宣告を受け、絶望の極致に追い込まれ学校に行く事すらできなくなった。 中学校に入り人生を悲観し、死を考え日々深夜徘徊を繰り返していた。 小学校から不登校だった為、学習に追いつけず「障害」を理由に教師が加担した激しいイジメもあり、学校を拒絶するようになった。 そうした中でも、一部の友人がいた。 しかし、中学3年生になると受験が迫りその友人も離れて行った。 いよいよ、孤独無縁になり「障害」をもって生きている事に絶望した。 中学までは親を恨み「障害」を悲観し、自分を傷つけて生きてきたが関宿高校に入学し、さまざまな「障害」をもつ仲間や外国人、被差別部落出身者など差別と抑圧を受け、同じ境遇を共にする友人達との出会いで価値観が変わった。 この時から、自らを悲観した生き方を変え、闘う「障害」者として人生の新たなスタートに立った。 今日、入学を迎えた子ども達に私、内田ひろきが幼少時代に経験した屈辱や苦しみを負わせてはならないと心に誓った。 増尾西小にて内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

逆井中の入学式

4月9日(水) 地元の子ども達が通う逆井中の入学式に招かれた。 君が代の斉唱には不起立で臨んだ。 保護者の皆様に於かれましては、子育て12年間のご苦労に敬意を表します。 中学に入ると急激に親離れが進むと推察致します。 これも一つの成長なのかも知れません。 子ども達の純粋さと素直な価値観が認められる社会を作る事が政治に課せられた使命なのである。 私、内田ひろきは今日入学を迎えた子ども達がこの柏市で成長し、次世代の子育てができる定住環境を整備する事が急務だと感じる。 これから中学に進むと友達同士で意見が対立し、考え方の違いが鮮明になってくるだろう。 この時こそが、人間が人間として生きるために与えられた学びの舞台なのである。 人は誰でもが、生い立ちや考え方が違う。 何をしても問題は起きる。 大切な事は、この問題を対話により、どう解決するかなのだ。 問題を解決するために踏んだプロセスは人が成長する上での宝になると思う。 ホームルームなどで議論する時は「あなたは違う」ではなく、「私はこう思う」と言えるようになってくれるだろうと信じてやまない。 私、内田ひろきは子ども達が考える力、自らを主張し表現する力、他人との違いを受け入れる力を身につけられる中学生活を送れるよう、全力で支援したいと実感した。 不登校だった私、内田ひろきが奪われてしまった何かを取り戻したような、そんなホノボノとした時間を過ごす事ができた。 逆井中にて内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

悪魔の消費税もう一つの罠

4月5日(土) 消費増税攻撃が始まってから初の週末を迎えた。 消費増税を景気回復の戦略キャンペーンかのようにメディアが報じている。 メディアは消費増税の論点を逸らし、肝心な事を報じようとはしない。 正にマスコミ権力だ。 消費税は社会保障の財源としているが、実態は一般会計のどんぶりに入る。 国税分が6,3%で地方税分が1,7%である。 国も地方も歳入では、消費税収を特定財源とはしていないのだ。 社会保障の財源とはトリックなのである。 また、消費税には輸出戻し税がある。 輸出企業の大資本は、輸出品の仕入れや製造コストにかかる消費税分の還付を受ける為、消費税率が上がれば上がる程、還付額が増え利益が増大する。 財界が、政府に消費税率を上げてくれとダダをこねる訳はここにある。 アベノミクスは、これに応えるかのように金融緩和と円安政策を進め、消費増税と一体的な攻撃を仕掛け、経済を混乱に招く。 消費税導入によって、中小零細企業や個人商店と労働者・民衆からの搾取を強化し、輸出企業に課税分を還付する仕組みは、輸出企業の大資本に対する補助金制度のようなものに過ぎないのである。 消費税は事業者が課税義務者となっている。 消費税には、消費者からの預かり税と言う性格はない。 つまり、消費増税は国策が財界に加担した事実上の物価値上げなのである。 中小零細企業や個人商店と労働者・民衆を分断と孤立に追い込んでしまう、これが消費税の正体なのだ。 資本権力の手によって吸い取られた消費税は、輸出企業の大資本に還付するための財源と言っても過言ではないのである。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

いずみ園新利用者を迎える会

4月2日(水) 地元、逆井にある障害者通所福祉施設であるいずみ園の新利用者を迎える会 に出席した。 いずみ園は、どんなに重い「障害」があっても地域で生きる事を基本方針としている。 いずみ園を運営している社会福祉法人緑の会は、昨年6月から共同生活介護事業として増尾台ウィズホームを開設した。 柏市の福祉に展望が開かれたような思いである。 今日は、130名の出席者と共に新しい通所者の門出を祝った。 いずみ園の通所者の皆様、スタッフの皆様おめでとうございます。 いずみ園で一時を過ごす内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。