月別アーカイブ: 10月 2011

コミュニティーバスの視察乗車

10月30日(日) 昨年の事業仕分けで、要改善となったコミュニティー交通の拡充を求める立場から先週に引き続き、柏コミュニティーバスに視察乗車した。 存続が危ぶまれている岩井コースと若白毛コースは、逆井駅を拠点に運行している。 車両のリースは、2013年で終了する。 この後、手賀、布瀬地域の交通網をどのように維持するかが、喫緊の課題である。 役所はオンデマンド交通を模索しているようだ。 しかし、これには事前予約や高運賃と言った問題が山積している。 休日は利用者が少ない為、運行に支障がない範囲で、乗客と乗務員から話を伺った。 視察でいただいた路線再編などの要望事項と私、内田ひろきのマニフェストを照らし合わせ、政策提言に反映したい。 交通不便地域の住民から行動の自由と社会参加の権利を剥奪するコミュニティー路線の減便や廃線は絶対反対である。 布瀬でバスに乗車する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

タウンミーティング

10月29日(土) 合併から6年が経過し、沼南地域がどう変わったかをテーマとしたタウンミーティングが高柳近隣センターで開かれた。 柏市は、中核市を目指していたが、当時の地方自治法では面積要件に満たなかった為、柏市単独で中核市移行ができなかった。 そこで、我孫子市と沼南町に合併の協議を持ちかけた。 これに対し、我孫子市は参加を辞退し、沼南町だけがターゲットになったのである。 2005年に柏市と沼南町が合併し、2008年に中核市となったが、その直後に地方自治法が、改正され面積要件がなくなった。 新市建設計画の事業は、沼南町の受益に必ずしも寄与しているとは言えない。 柏駅(東口)ダブルデッキの改修や保健所の新設に合併特例債を充てている。 これは、沼南町の受益に叶うとしているが、ならば保健所は沼南地域に建設するべきだったのである。 また、高柳駅のバリアフリー化と西口の改札設置は区画整理事業と分離し、先行着手しなければならないと思う。 私、内田ひろきは新京成線の松戸新田駅や前原駅のように簡易改札を西口に設け、柏ゆきホームと船橋ゆきホームを結ぶ跨線橋を改修し、それぞれのホームにエレベーターを建設する方策が現実的でベターだと考える。 柏市は区画整理組合に対し、既に無利子で4億8,530万円を融資している。 さらに現在、組合は柏市に6億円の追加融資を求めている。 しかし、公費で穴埋めしても完成の見込みがない。 また、融資額を返済できるかどうかも不確定である。高柳西側区画整理事業は駅の利便性向上を優先し、規模を縮小した上で、理事の責任を明確にするべきだ。 正に、柏市の南北間格差は、自治体内差別そのものなのだ。 2010年度のバリアフリー交付金がなぜ高柳駅に充てられなかったのかが疑問である。 合併特例債の充当事業にも大きな誤りがあったと実感する。 私、内田ひろきは人口36万人の柏市と4万人の沼南町を見ると少数者である沼南町の民意がねじ伏せられているのではないかと感じている。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

障害者大フォーラム

10月28日(金) 今日の集会スローガンは、創ろうみんなの障害者総合福祉法を! 私、内田ひろきは障害者自立支援法を制定する過程から反対闘争に決起してきた。 福祉は食い物でも買い物でもない。 まさしく、国と自治体が保障すべきものだ。 身体「障害」者 が介助者とトイレに行く事や聴覚「障害」者が要約筆記・手話通訳を付けて人と会話をする事また、視覚「障害」者がガイドヘルパーと外出する時など、こうした日常の当たり前な事になぜ金銭を支払わなくてはならないのだと言いたい。 この攻撃は、介護保険法の改悪により高齢者に対しても同様に仕掛けられている。 便益や契約と言った資本の論理は、新自由主義そのものである。 今日の集会では、以下に示す2項目の要請事項を採択した。 1)55人の総合福祉部会構成員の総意としてまとめられた骨格提言の重みを受け止め、法案化とその制定に際して、骨格提言を最大限尊重し反映させること。 2)骨格提言が反映された障害者総合福祉法を立法化するため、十分な予算を確保すること。 日比谷野外音楽堂にて内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

バイオマス発電を視察

10月25日(火) 市原市にあるグリーン電力が建築解体廃材を原料とし、木チップを可燃処理する事で、50,000Wの電力を生産している。 県内では、林業の担い手不足から、間伐が行き届かない市町村がある。 柏市は、こうした自治体と事務組合を設立し、秋田県能代市方式を取り入れ、森林バイオマス発電により双方の公共施設分に当たる電力を供給する仕組みづくりが必要である。 この実現には、PPS(特定規模電気事業者)を導入し、原発犯罪で金儲けしてきた東電資本を流通機構から締め出すべきなのだ。 まずは、送電線を東電から没収し、道路や水道管のように公の管理とし、送発電の分離を進めなくてはならないのだ。 電力の地産地商は、今や待ったなしの課題である。 現物の木チップ

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

TPP問題の学習会

10月24日(月) 政府は、震災復興と放射能対策を口実に被災者不在のまま、TPP参加に向けた動きを加速している。 また、マスコミと財界は、放射性物質が混入した農畜産物よりかは、輸入食品の方が良いとした世論操作に走っている。 1960年の日米安保改定の目的は、日米軍事同盟と並びこの間、余り触れられてこなかった第二条に示す日米経済同盟である。 TPPの実態はFTAやEPAと質が異なる。 つまり経済の仕組み自体を貿易する。 正に小泉構造改革を上回る日本改造計画であり、アメリカによる日本再占領計画と言っても過言ではないのだ。 自由競争の名の下に小規模農林漁業者や中小企業などの地場産業を崩壊させ、雇用の場を奪うTPPに反対し、地域社会を守る大きな世論のうねりを作りたい。 医療や福祉、交通、水道、郵便、教育などは生活インフラであり、これらに営利主義の市場競争原理を導入してはならない。 また、食と農の分野では食料自給率が現在の40%から14%に低下し、添加物づけ食品や遺伝子組み換え食品が食卓に並ぶ。 内需拡大そっちのけで、輸出産業だけを後押しする事はアジア各国と価格競争の泥沼にはまり込み労働者の賃金低下、非正規化を招き、340万人の雇用が失われ、格差と貧困が拡大する。 アメリカが定義づけた先進国、新興国、発展途上国のレッテルの下に世界が過酷な経済競争に突入している現代に疑問を感じる。 経済成長の美徳化とGDP神話が人々の暮らしを破壊する。 私、内田ひろきはこうした悪循環から脱出し、個人の幸せ感が尊重される持続可能な社会こそが地域産業を暖めるものであると確信している。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

ジャンボタクシーの視察乗車

10月23日(日) 昨年の事業仕分けで要改善となったコミュニティー交通の拡充を求める立場から、乗合ジャンボタクシーに視察乗車した。 今日は、逆井コースと南増尾コース、高柳・金山コースに乗車した。 存続が危ぶまれている柏コミュニティーバスの岩井コースと若白毛コースは後日、視察しようと思う。 休日は利用者が少ない為、運行に支障がない範囲で、乗客と乗務員から話を伺った。 視察でいただいた路線再編などの要望事項と私、内田ひろきのマニフェストを照らし合わせ、政策提言に反映したい。 交通不便地域の住民から行動の自由と社会参加の権利を剥奪するコミュニティー路線の減便や廃線は絶対反対である。 南部老人福祉センターで ジャンボタクシーに乗車する内田ひろき 午後からは、19周年を迎えた地元、逆井にある障害者通所福祉施設であるいずみ園のいずみ園祭に参加した。 逆井中の生徒さん達による逆井囃子が披露され、参加者が一体となり、心和む一時を過ごす事ができた。 いずみ園にて内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

船橋駅に要請行動

10月21日(金) 柏市に暮らす視覚「障害」者からイベントで千葉に向かう際、船橋駅の点字ブロックが解りづらかったとの指摘を受け、現場を視察した。 東武鉄道の船橋駅はエレベーター設置に伴い、点字ブロックを延伸敷設した。 ところが、進行を指示する線上の誘導ブロックを既存の素材と違ったタイルにした為、連続性に欠けてしまったのだ。 既存の素材は、止まれを指示する点状の警告ブロックと判断が付きにくい素材である。 私、内田ひろきは東武鉄道に対し、既存の誘導ブロックを改修し、マス目の線が解りやすい新設の誘導ブロックに統一する事を要請した。 交通バリアフリーの課題は、柏市内に留まらず、市民が利用する主要な乗換え駅を含め、広域的に解決を図る必要がある。 現場を視察する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

早朝駅宣を再開

10月20日(木) 選挙を終え、声がかれ果ててしまったにも係わらず、引き続き反原発集会の案内ビラを9月始めまで配布していました。 しかし、9月半ばにドクターストップがかかってしまった為、早朝駅宣を中止していました。 まだ、痰が切れず喉が、いがらっぽい状況ですが昨日、ようやくドクターより無理をしなければ早朝駅宣をしても良いと許可が出ました。 さっそく今日から再開します。 ※内田ひろき早朝駅宣スケジュール 金曜日→逆井(西口)・柏(西口)・南柏(西口) 月曜日→逆井(東口)・柏(東口)・豊四季 火曜日→増尾(西口)・増尾(東口)・新柏(東口) 水曜日→南柏(東口)・北柏(南口)・北柏(北口) 木曜日→高柳・新柏(西口)・五香(東口) 高柳でビラを配る内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

東電に対する負担要求

10月18日(火) 柏市は、8月に東京電力へ緊急要求書を提出し、10月4日(火)に回答があった。 環境部と放射線対策室には、この時点で私、内田ひろきが所属する市民環境委員会に報告があっても良かったのではないかとした疑問が残る。 東電からの回答は、何ら方向性も示されず、木で鼻をくくったような内容だった。 東京電力は、ほぼ同様な文面の回答書を手に、東葛6市を訪問した。 まるで、誠意のない対応だ。 2012年1月より政府は、放射能低減対策の実態に応じ、国費を自治体に配分し、東京電力に求償権を行使する。 今年、12月までに柏市が予備費や補正予算で対応した線量検査と放射能低減対策の費用が闇に葬られ、ここぞとばかりに東京電力は、汚染原因者負担の原則に基づく柏市の要求を反故にし兼ねないのである。 正に今こそ私、内田ひろきが一貫して主張してきた国策と闘う自治力を活かし、政府と東電に対する徹底した責任追及をしなくてはならないのだ。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

市民環境委員会の視察

10月14日(金) 私、内田ひろきが所属する市民環境委員会で、10月12日(水)から本日までの3日間に亘り、次の日程で視察に出向いた。 10月12日(水)秋田県大館市、地域づくり協働推進支援事業について 10月13日(木)秋田県能代市、森林バイオマス等活用施設整備事業について 10月14日(金)青森市、生ごみリサイクル推進事業について 柏市議会には4つの常任委員会がある。 36議席を委員会の数で、割り返した9名がそれぞれの定数となる。 市民環境委員会の会派構成は、次の通りです。 柏清風(自民党を含む) 3名、公明党 1名、 政和会(社民党、みんなの党を含む) 1名、 日本共産党 1名、護憲市民会議(新社会党を含む) 1名、未来会議柏 1名、 革新無所属 1名 ・総務→財務、税務、通信、人事、契約、企画統計、広域自治、防災防犯など ・市民環境→ゴミ、環境、水道、市民活動、保険年金、広報、消費生活、国際交流など ・教育民生→文化芸術、スポーツ、教育、保育、保健衛生、医療、福祉、生活保護など ・建設経済→都市計画、交通、道路、農業、商工、雨水排水、住宅、公園など 追伸 今回は公用だった為、遠慮したが私、内田ひろきは視察や現地闘争などで遠方に出向いた時に、ご当地ソフトクリームが食べたくなる。 秋田ではきりたんぽソフト、青森ではりんごソフトを楽しみに今度は、旅行で訪問したいと思う。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。