内田ひろきニュース2018年夏季号

7月5日(木)
現在、配布している内田ひろきニュース2018年夏季号の記事を紹介します。

<公共施設をキーワードに>
柏市は現在、公共施設の老朽化対策が求められ、既に公共施設13%削減方針を出しています。
6月定例議会では、公共施設をキーワードとして審議に臨みました。
今号では、その議論の一部を紹介します。

!★!6月定例議会の質疑・一般質問での主な議論!★!
[問]
医療公社と連携して建て替えに向けた事業を着実に進めて欲しいが、市立病院の現地建て替え実現に向けた具体的な取り組みを問う。
[市長答弁]
柏市健康福祉審議会からいただいた答申では、建て替えの前提として平成29年度と平成30年度において病床利用率の目標達成と小児科の入院体制の目途を立てる事が示された。
病床利用率の向上につきましては、救急搬送の受け入れ強化や病診連携の充実、地域包括ケア病棟の活用などに積極的に取り組んでいる。
平成29年度の病床利用率は77,1%であり、目標の75%を達成する事ができた。小児科の入院体制につきましては、本年4月より新たに小児科の常勤医師が2名派遣された為、今後は小児患者の入院体制の構築と小児二次救急の充実に向けて努力を続ける。
今後も、答申で求められた2つの条件を達成できるよう取り組む。
[問]
市民参加を取り入れている具体的な事例を踏まえ、公共施設のあり方の議論に市民の意見や要望をどう反映するのか。
[市長答弁]
本年度末を目途に公共施設等総合管理計画個別施設再編方針の策定作業を進めているところである。
平成28年度に策定の基本方針編でお示しした基本的な考え方や施設類型別の方針に基づき、一つ一つの施設の中長期的な管理の方向性を整理し、再編方針として取りまとめている。
個別施設再編方針の策定を進めるに当たっては、説明会やパブリックコメントを実施するなどして、市民の皆様のご意見を聞き、個別施設再編方針の検討に生かす。
こうした取り組みを既に実施している具体例としては、南部近隣センターのリノベーション事業ではモデル事業として市民参加によるワークショップを6回程開催し、そこで得られた意見を基に施設のあり方を検討した結果、今議会においてリノベーション工事の補正予算案の提出に至ったところである。
また、中原ふれあい防災公園の隣接地、いわゆるサスティナ広場においては地元NPOの皆様などから公共空間の有効活用についてご提言をいただくなどしている。公共施設のあり方の議論においては、市民協働で検討をして行く事が重要であると考えるので、南部近隣センターのリノベーション事業やサスティナ広場における事例を踏まえ、市民の皆様のご意見やご提言を丁寧に聞き取り、公共施設のあり方の検討や今後の事業に生かす。
[問]
近隣センターの機能を補完するためにも、ふるさと会館が活用できる仕組みを整備してはどうか。
[地域づくり推進部長答弁]
ふるさと会館とは、町会等が所有しているふるさとセンターになる。
ふるさとセンターは、町会員の使用が優先されるが、市ホームページ上に貸し出し可能施設一覧表を掲載し、町会外の方も空いた時間帯は使用が可能となっている。
[問]
現在は借地で運営しているふるさと会館の用地取得を検討する町会にはどのような支援ができるか。
[地域づくり推進部長答弁]
取得費用の一部を一定の要件のもとにふるさとセンター整備事業補助金として支出する。
また、固定資産税及び都市計画税につきましては、地方税法、柏市税条例、柏市都市計画税条例の規定に基づき、集会所の用に供している場合には課税免除の適用になる。
[問]
教育福祉会館の改修について、耐震補強工事期間中の代替施設に関する利用団体との協議状況はどうなっているか。
[保健福祉部長答弁]
代替施設の確保状況だが、中央保健センターと沼南保健センターについて、平日の昼間について提供できる。
利用者団体の皆様から土日や夜間についても従前のように利用したいとの要望があったので、対応できるか協議を進めているところである。
[問]
中央公民館の耐震補強工事について、閉館中の生涯学習と団体活動を市の責任で保障するべきではないか。
[生涯学習部長答弁]
日本語教室やパソコン講座など団体の皆様にご協力をいただきながら実施している事業につきましては、閉館中の講座の実施方法等について意見交換を行いながら、丁寧な対応に努める。
また、登録団体の皆様には、閉館中は近隣センターの利用に際し、公共施設予約システムを使用される場合には、公民館登録団体の皆様のご負担を減らせないか協議を進めているところである。
工事期間中に市民の皆様の生涯学習活動が縮小、停滞する事のないよう、十分かつ丁寧な対応に努めたいと考えている。

※私、内田ひろきの質疑・一般質問はインターネットの録画配信で視聴できます。(柏市議会で検索)

カテゴリー: 活動記録 | 内田ひろきニュース2018年夏季号 はコメントを受け付けていません。

歌と踊りと朗読の会2018

6月22日(金)
今日は、柏市と柏市教育委員会、沖縄県が後援する平和のいのり沖縄慰霊の日・歌と踊りと朗読の会2018。
私、内田ひろきの後援会である柏の自治力を活かす会の仲間も多数が参加した。
この会は今年で9回目となる。
反戦・反基地・反原発を音楽で表現する私、内田ひろきの友人でもある井上ともやすさんがゲストで出演した。
私、内田ひろきは沖縄現地での辺野古新基地建設反対闘争に決起した2012年を除いて、全ての会に参加している。
今、沖縄には日本政府の手によって、民主主義と地方自治に対する襲撃が仕掛けられている。
辺野古新基地建設と高江ヘリパット建設の暴挙。
現地では、こうした圧殺攻撃に反転攻勢する闘いが組まれている。
オスプレイの配備拠点となる辺野古新基地とオスプレイの訓練拠点となる高江ヘリパット、オスプレイの整備拠点となる千葉県の木更津基地が一体的な運用となってしまう。
また、木更津基地はオスプレイの暫定配備拠点となる恐れがある。
普天間基地にオスプレイが配備されて以降、日本中の空を我が物顔でオスプレイが飛び回る。
全てを阻止する闘争の繋がりと結集軸を作り出したい。
アメリカの植民地と化した日本政府は、共謀罪を成立させ、憲法9条改憲のための既成事実を一気に作ろうとする策動に出た。
政府は、日本にある全ての米軍基地を撤去し、辺野古新基地建設と南西諸島への基地増強を直ちに中止するべきである。
私、内田ひろきは柏市議会唯一の急進左翼議員として、戦争反対、原発反対を掲げ、横暴な権力に対して反撃し、抵抗を続け、反体制勢力の束ね役として頑張ります。
戦前戦中には役場の職員が、赤紙を届け回ったと言う歴史の事実、教訓があります。
そんな市役所にしてはならないと言う思い、願い、決意です。
一点突破・全面展開、未来を創る新しい安保闘争が始まった。
来月1日には、オスプレイ暫定配備反対7・1県民大集会in木更津が開催される。
多くの結集を呼びかけるものです。

カテゴリー: 活動記録 | 歌と踊りと朗読の会2018 はコメントを受け付けていません。

6月議会が終わる

6月20日(水)
柏市議会では6月定例議会が会期末を迎えた。
今日の審議では、新農業委員会制度に移行して初となる農業委員を任命するための人事議案を審査した。
2016年3月議会で私、内田ひろきは農業委員会委員選出方法の選挙方式を廃止して市長任命方式に変更する条例に反対した。
独立行政機関である農業委員会委員選出方法は、公選制だったが、これを単なる市長任命制に変えてしまった。
安倍政権が進める農政改悪を鵜呑みにした条例である。
戦後の教育に政治が介入してはならないと言う理由から、教育委員会制度が設けられ、教育委員会委員の選出方法に公選制が取り入れられたが、いつの間にか単なる市長任命制に変えられてしまった。
柏市を含む全ての市町村は国に追随し、今度は農業委員会制度で、同じ歴史の過ちを繰り返そうとしている。
農業委員会委員選出方法を公選制から単なる市長任命制に変えてしまう事は、その時々の市長と人事議案を同意する議員の意向が色濃く反映してしまうのである。
結果として、農業への企業参入を容易にし、ゼネコン・デベロッパー資本の利潤追求と農地転用による巨大開発を後押ししてしまうだけではなく、労働者・民衆の雇用と食を奪う経済戦争のための既成事実を市町村が作ってしまい兼ねない。
これが、安倍政権が進める農政改悪を鵜呑みにした新農業委員会制度の正体なのである。
さらに、新農業委員会制度では昨年の12月議会で、農地利用最適化推進委員を任命するための関係条例改正案が強行採決された。
農業委員会制度解体と種子法廃止がほぼ同時期に進められるのは、食の破壊に直結する危険な政策である。
将来の安全な食が守られるのか心配でならない。

カテゴリー: 活動記録 | 6月議会が終わる はコメントを受け付けていません。

市民環境委員会

6月15日(金)
今日の審議では、近隣センターの運営に関する事案が議論の争点となった。
私、内田ひろきの質疑項目は、次の通りです。

(1)近隣センターの運営について
(2)パレット柏の駐車場について
(3)核兵器禁止条約の調印について

カテゴリー: 活動記録 | 市民環境委員会 はコメントを受け付けていません。

質疑・一般質問

6月12日(火)
私、内田ひろきが3期目に挑戦する柏市議会議員選挙を1年後に控えた質疑・一般質問となった。
本会議の様子は、本日よりインターネットで録画配信。
柏市議会で検索。
私、内田ひろきの質疑・一般質問通告書を以下に掲載します。

2018年6月議会  質疑・一般質問通告書

1 市長の政治姿勢について
(1)核兵器禁止条約の調印を求めるべきと考えるがどうか
(2)市立病院の現地建て替え実現に向けた具体的な取り組みを問う
(3)公共施設のあり方の議論に市民の意見や要望をどう反映するのか
2 ふるさと会館の運営について
(1)近隣センターの機能を補完するためにも、ふるさと会館が活用できる仕組みを整備してはどうか
(2)現在は借地で運営しているふるさと会館の用地取得を検討する町会にはどのような支援ができるか
3 教育福祉会館の改修について
(1)耐震補強工事期間中の代替施設に関する利用団体との協議状況はどうなっているか
(2)また、閉館中の生涯学習と団体活動を市の責任で保障するべきではないか
4 道路整備について
高柳駅西口クランク道路の付け替え整備を求める住民要望をどう捉えているのか
5 環境保全について
(1)北柏ふるさと公園内のカフェ建設に当たっては、ウコン桜への配慮が必要だったのではないか
(2)また、同公園内のウコン桜保全に係る取り組みは何か
(3)市内公共施設でのマイクロスポット検出後の放射能対策に係る経過説明を求める
(4)また、除染後の数値は情報公開が必要ではないか
6 子どものメンタルサポートと学習権保障について
(1)新生児・乳幼児がいる家庭の微妙な変化に対応できる体制を強化して欲しいがどうか
(2)さまざまな背景や養育課題がある家庭にはこども福祉課がどう支援するべきであると考えているか
(3)いじめ対策の現状と今後の取り組みは何か
(4)不登校支援のあり方を問う
(5)義務教育未就学者への進路指導に当たっては、近隣自治体で先行して開設する公立夜間中学を紹介してはどうか
(6)また、柏市での公立夜間中学開設に向けた準備はどのように進めるのか

カテゴリー: 活動記録 | 質疑・一般質問 はコメントを受け付けていません。

6月議会が始まる

6月1日(金)
今日から20日間の日程で、6月議会の審議が始まる。
柏市旅館・ホテル営業施設構造設備の基準を定めるための条例改正案、柏市介護医療院開設変更許可申請に係る関係条例改正案、子ども医療費助成制度を充実するための経費を計上した第一次補正予算案など、10議案を審議する。
私、内田ひろきの質疑・一般質問は6月12日(火)10時から11時。
所属する市民環境委員会での審議は6月15日(金)の予定。

カテゴリー: 活動記録 | 6月議会が始まる はコメントを受け付けていません。

増尾西小の運動会

5月26日(土)
地元、増尾西小の運動会に招かれた。
子ども達は元気いっぱいの様子だった。
私、内田ひろきは「障害」を理由に運動会から排除される小学校時代を送っていた。
子ども達には、今日の日を良い思い出にして欲しいと願うばかりである。

カテゴリー: 活動記録 | 増尾西小の運動会 はコメントを受け付けていません。

かしわ市民憲法集会

5月5日(土)
5・3憲法記念日の集いに引き続き「こどもたちが平和に生きられるために」をスローガンに、かしわ市民憲法集会を開催した。
私、内田ひろきが所属する柏・議員9条の会も実行委員会に加わっている。
私、内田ひろきの後援会である柏の自治力を活かす会の仲間も多数が参加した。
弁護士の伊藤真さんから話を伺った。
地元、柏の憲法集会は柏市平和都市宣言の25周年を受け、2010年から始まり今回で9回目となる。
昨年で平和憲法施行から70周年目を迎えた。
先月27日には、朝鮮半島での南北首脳会談が開かれた。
朝鮮戦争の終戦に向けた協議、朝鮮民主主義人民共和国の核放棄、朝鮮半島の非核化に向けたメッセージに感銘している。
まず日本政府には、直ちに核兵器禁止条約の調印を求めるものである。
日本では特にこの1年で、9条改憲の動きが加速し、富国強兵と大政翼賛会によって挙国一致体制が作られ、労働者・民衆に対する戦争動員策動攻撃が仕掛けられている。
歴史教科書の改ざんと道徳の教科化、オリンピックファシズムによった愛国心の強制が目に余る。
戦前の教育勅語が、若者を戦場に送ってしまったと言う歴史を繰り返してはならないのだ。
とにかく、明治150年祝賀ムードと天皇代替わりキャンペーンによって、新しい元号の下で2020年の東京オリンピックを開催し、現在の象徴としての天皇から、元首としての天皇とするのが狙いであろう。
憲法の天皇条項解釈改憲、世論操作と既成事実に基づいた明文改憲の企みを感じる。
安保法制に見られる日米同盟の強化は、アジア近隣諸国を含む世界各国に緊張と脅威を与えるだけではなく、排外主義とナショナリズム、仮想敵国脅威論を民衆に植え付けてしまう。
マスコミは、政府による敵基地攻撃策動が違憲であって、平和外交がなおざりとなっている現実をしっかり批判するべきだ。
このままでは、日本は世界から孤立してしまう。
憲法9条は解釈改憲も、明文改憲も絶対に許してはならないのである。
日本は、アジア近隣諸国と共生できるはずである。
今こそ、将来の日本の進路が問われている。
政府は、日本にある全ての米軍基地を撤去し、辺野古新基地建設を直ちに中止するべきである。
反原発の闘いと反雇用破壊の闘いとも一体となり、戦争に繋がる搾取と弾圧、優生思想を跳ね返す時なのだ。
戦争で殺されるか、貧困で殺されるか、放射能で殺されるかと言う局面にある腐った世の中を変える。
戦争への道ではなく革命への道。
私、内田ひろきは柏市議会唯一の急進左翼議員として、戦争反対、原発反対を掲げ、横暴な権力に対して反撃し、抵抗を続け、反体制勢力の束ね役として頑張ります。
戦前戦中には役場の職員が、赤紙を届け回ったと言う歴史の事実、教訓があります。
そんな市役所にしてはならないと言う思い、願い、決意です。
一点突破・全面展開、未来を創る新しい安保闘争が始まった。

カテゴリー: 活動記録 | かしわ市民憲法集会 はコメントを受け付けていません。

市民環境委員会の視察

4月25日(水)
私、内田ひろきが所属する市民環境委員会で、4月23日(月)から本日までの3日間に亘り、次の日程で視察に出向いた。

4月23日(月)徳島県上勝町、ゼロ・ウェイストについて
4月24日(火)香川県高松市、地域コミュニティーの組織と活動等について
4月25日(水)愛媛県松山市、松山市パスポートセンターについて

柏市議会には総務、市民環境、教育民生、建設経済の4常任委員会がある。
36議席を委員会の数で割り返した9名がそれぞれの定数となる。
市民環境委員会は市民生活部、地域づくり推進部、環境部、水道部に係る事務事業を調査・審議する。
ところで私、内田ひろきは明後日で47歳になります。
この間、扇風機しかなかった頃から満員電車に 揺られ遠方まで通勤・通学して来られた方、商業や農業に汗水流して来られた方、労働運動や安保闘争に没頭して来られた方。
こうしたさまざまな立場の皆様から 貴重な体験をお聞かせいただき、生き方に学び、若者達が感じている社会への憤りとを繋げ、政治に反映して行く事が中間世代の私、内田ひろきに 与えられた責務であると感じます。
身の引き締まる思いです。

カテゴリー: 活動記録 | 市民環境委員会の視察 はコメントを受け付けていません。

東葛地区で考える東海第二原発の再稼働問題

4月21日(土)
私、内田ひろきがスタッフを務めるエナガの会の主催で、東葛地区で考える東海第二原発の再稼働問題学習会を開催した。
今年は、東海第二原発の運転延長を阻止する闘いが重要課題である。
関東地方に所在している東海第二原発は、福島第一原発と同じタイプの沸騰水型で、東日本大震災では危機一髪で津波から免れ、辛うじてメルトダウンを回避した危険な状況でありながら、現在の規制基準では運転開始から40年が経過している老朽化した東海第二原発であっても、20年の運転延長が可能となってしまう。
昨年末に広島高裁は、伊方原発運転差し止め仮処分を決定し、大飯原発(1・2号機)の廃炉が決まった。
この流れで、関東地方に所在している東海第二原発も廃炉に追い込みたいものだ。

カテゴリー: 活動記録 | 東葛地区で考える東海第二原発の再稼働問題 はコメントを受け付けていません。