月別アーカイブ: 8月 2016

グループ・飛躍の夏合宿

8月28日(日) 一昨日から私、内田ひろきが所属する「視覚障害」者問題を考える会であるグループ・飛躍の夏合宿に参加した。 飛躍は、福祉制度改悪阻止の闘いや分離教育粉砕の闘いなど「障害」者解放闘争に軸足を置き、反戦・反差別を中心に取り組んでいる。 合宿の時は「障害」者問題に限らず、さまざまな社会問題に触れている。 殆ど視覚「障害」者の長旅だが、いつも無事に帰宅する事ができる。 弱視の人に白杖を持った人が2、3人連なって歩く姿も社会啓発になっているのかも知れない。 選挙闘争では、飛躍の仲間達と怒っているぞ!障害者きりすて!全国ネットワークの皆様にも絶大なるご支援を頂戴している。 今回の合宿では、これまでに例がない程の社会保障制度改悪と、憲法改悪とどう闘うかを徹底的に討議した。 介護保険制度改悪と障害者福祉制度改悪、脳死臓器移植法、尊厳死法制化、出生前診断制度などのように、命の選別のための制度的アウシュヴィッツ政策が急激に加速している。 また、社会保障制度改悪と並行して戦争政策が仕掛けられている。 この攻撃に反撃し、社会の仕組みを変えるための新たな闘いの結集軸を作り出す事を確認した。 機関誌飛躍第128号の津久井やまゆり園事件に関する仲間からの寄稿を以下に掲載します。 「障害者」大量虐殺事件を弾劾する! すでに、皆さんもご存知のように、去る7月26日未明、神奈川県相模原市の津久井やまゆり園で「障害者」19人が殺害され、26人が重軽傷を追うという事件が起こりました。 犯人は、この施設の元職員でした。 ●明らかなヘイトクライム 報道によれば、犯人の男性は、施設で働いているときから、しばしば「障害者」に対する侮辱的言動が見られたといわれています。 さらに、2月には、衆議院議長宛に手紙を出し、「国が許可してくれれば、すぐに、470人の障害者を抹殺できます」と述べています。 また、逮捕後も、「障害者」に対する謝罪の言葉はなく、むしろ、差別的発言を繰り返していると報じられています。 これは、明らかに「障害者」差別を根拠にした犯罪、いわゆる、ヘイトクライム以外の何物でもありません。 彼は、「障害者」がこの世からいなくなればよいという「障害者」抹殺思想の持ち主であることは間違いないと思います。 「大麻性精神障害による妄想犯罪」などでは断じてありません。 私たちは、この恐ろしい事実から逃げることなく、対処していく必要があると思います。 ●今回の事件は、彼個人の問題なのか? 今回の事件を引き起こした犯人は、徹底的に断罪されなければならないことは言うまでもありません。その上で、今回の事件を彼個人の問題として片付けてしまうことは、やはり、できないのではないかと思うのです。 今回の事件の根底には、日本社会、いや、世界中に存在する「障害者」差別とそれに基づく優生思想があると思います。 たくさんの「障害者」がいまだに施設に閉じ込められているという、隔離体制が厳然と存在します。「精神障害者」の多くの人が劣悪な環境の中で、精神病院に閉じ込められ、看護人の暴力や身体拘束に苦しめられています。 地域生活も、社会保障切捨ての流れの中で、厳しさを増してきています。 事件が起きた津久井やまゆり園も「知的障害者」を中心に150人を収容する大規模施設です。 1時間足らずの間に45人もの死傷者を出してしまった原因のひとつに、隔離・収容体制があったことは間違いありません。 さらには、出生前診断や着床全診断、「尊厳死」法制化の動きなど、「生きる価値がない命」「障害者は生まれないほうがよい」といった風潮が助長されてきているような気がしてなりません。 ●今回の事件を口実にした「措置入院制度」の強化を許してはならない 政府や一部のマスコミは、あたかも、今回の事件が「精神障害」によって引き起こされたかのように、事実を捻じ曲げ、社会の中にある差別意識をも使って、「措置入院から退院した後の管理体制に問題があった」「警察と精神病院の連携を強化しないといけない」などといって措置入院制度を治安対策として強化しようとする検討を始めました。 また、「障害者」を守るなどといいながら、収容施設のセキュリティーの見直しなども検討され始めています。 これは、隔離体制の強化につながり、「施設から地域へ」の流れに完全に逆行します。 私たちは、今回の事件を厳しく弾劾するとともに、こうした動きについてもきちんと反対していかなければならないと思います。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

逆井・藤心夏まつり

8月14日(日) 今日は私、内田ひろきの地元である柏楽園町会も参加している逆井・藤心地域ふるさと協議会の夏まつりに招かれました。 盆踊りと花火と、地域の人が、一堂に会し語り合う、こうしたコミュニティーも良いものだと思う。 私、内田ひろきの連れ合いは、踊りで夢中になっていた。 これまで準備に当たっていただいた皆様、ありがとうございます。 お盆明けからは、9月決算議会の準備に邁進してまいります。 政治は、その時々で常に真剣勝負です。 私、内田ひろきが2期目の信任を頂戴してから、丸1年が経過します。 昨年夏の柏市議会議員選挙でお示しした内田ひろき柏コミューン宣言に基づきまして、これからも日常活動と政策提言に努めてまいります。 柏のご当地ゆるキャラ達と内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

高柳駅入り口歩道の安全対策

8月9日(火) 高柳駅の改札を背にして信号に向った右側の電柱付近の歩道の段差が高く、狭隘化 している為、対応して欲しいとの要望を受け、すぐに現場を視察し、役所の担当者へ修繕を要請した。 話によると、この場所で転倒した人も多いと言う。 先月末に簡易修繕工事が完了した。 工事前の状態 完工した状態

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

オリンピックと天皇制

8月8日(月) 今日、平成天皇が生前退位の意向を示した。 安倍政権は、これに関する対応を検討するようだ。 天皇の政治介入を誘導する結果となる事に強く警戒している。 NHKを視聴していたが、天皇制をただ賛美するだけの報じ方には疑問がある。 あえてかどうか、参議院選挙の直後からマスコミが、生前退位を盛んに報じていた事にも違和感を覚える。 天皇メッセージがなぜ、オリンピック開催中の今なのか、憲法改悪のための憲法審査会が動き出す今なのかを考えると、政府の画策が見え隠れする。 新しい元号の下で2020年の東京オリンピックを開催し、現在の象徴としての天皇から、自民党改憲草案にある元首としての天皇とするのが狙いであろう。 元首としての天皇とするために、皇室典範改正を盾とした憲法の天皇条項解釈改憲、世論操作と既成事実に基づいた明文改憲の企みを感じる。 私、内田ひろきはオリンピックとパラリンピックを断固として否定するものである。 オリンピックは優生思想を生み出し、優生思想がオリンピックを作り出す。 どの国にあっても、オリンピック自体を粉砕しない限り、この悪循環は永遠に続いてしまうのだ。 また、反オリンピックを論ずる上では優生思想だけではなく、差別と排外主義の攻撃を跳ね返さなければならないのである。 2020年に開催される東京オリンピックは、開催までの過程で大きなファシズムの流れが作られる。 がんばろう日本の名の下にマスコミを含む資本権力は、一人一人の個性を奪い取り、民衆を分断し、権力の側に与しようとする策動を加速させる。 この策動で、自由競争と戦争に使える命か使えない命かの選別が始まってしまう。 五つの具体的な例を挙げて論ずる。 かけられる攻撃の一つには、オリンピック開催に向けた施設整備を大儀名分とする再開発によって、野宿者を締め出し、労働者に対する搾取と分断が仕掛けられる。 二つには、スポーツを使った能力主義による序列である。 民衆同士の競争をあおり、点数と記録で国のために使える人物かどうかを選別し、使えない人物は切り捨てられる構造が作られる。 三つには、猛烈な「障害」者差別と資本権力が操作する排外主義からくるナショナリズムで、国のためにならない命が抹殺され兼ねないと言う事である。 「障害」者抹殺攻撃の準備は、オリンピック開催と合わせ、出生前診断の技術開発や脳死臓器移植法の制定などで、しくしくと進められている。 また、アジア近隣諸国の人民に対するヘイトスピーチや現実を直視しない歴史認識などは、外国人を抑圧する凶器となっている。 四つには、パラリンピックは国のために役立つ「障害」者かどうかを選別するものさしになっている事である。 パラリンピックの狙いは、観戦する民衆にがんばっている「障害」者は偉いと言う概念だけを植え付け、「障害」者を能力で縦に並べようとする事なのである。 五つには、天皇制が本格的に表舞台へ出てくる事で、完全なる国家主義が確立してしまう。 民衆統制の始まりは、身近で大多数の人が入りやすいお茶の間の話題である。 スポーツで平和の祭典とメディアが報じれば、民衆統制の入口は、簡単に切り開けてしまうのだ。 一度入ったら抜けられない身近で大多数の人が入りやすいお茶の間の話題は、またたく間に危険な方向へと舵を切る。 オリンピックの開会式出席や出場選手激励などに登場する天皇は、多くの人々にとって市民派天皇と捉えられている。 マスコミも演じられた市民派天皇を映し出す。 この裏側で、ファシズムが動き出すのである。 ファシズムは、強固な優生思想の上に成り立つ。 前述した五つの具体的な例は、ただ単に能力主義を批判しているのではなく、天皇制と一体になった国家主義、生命抹殺に依拠するファシズムを指摘するものである。 オリンピックとパラリンピックは、世界中に偏狭なナショナリズムを作り出し、国のために使える命か使えない命かを選別するための形に表れる事のない現代版のアウシュヴィッツなのである。 財界と官僚にとって、日本におけるオリンピック開催の大きな狙いは、前述した五つの具体的な例をどうどうと政治の枠組みに取り入れ、市民同士が監視し合いながら、国のために競争させる仕組みづくりを強権強行する事にある。 オリンピックを観戦する人々に感動と勇気を与えるメディア中継の裏側で、気づかぬ内に、いつの間にか現代版のアウシュヴィッツに送り込まれてしまう。 また、送り込む権力者にも成り得る。 これが、優生思想をむき出しにしたオリンピックの正体なのである。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏楽園町会の盆踊り

8月6日(土) 今日は地元、柏楽園町会の盆踊り。 私、内田ひろきの連れ合いがお世話になっている踊る元気会が中心となって地元、柏楽園町会の盆踊りが続けられている。 地域の人が、一堂に会し語り合う、こうしたコミュニティーも良いものだと思う。 私、内田ひろきの連れ合いは、踊りで夢中になっていた。 これまで準備に当たっていただいた皆様、ありがとうございます。 連れ合いと盆踊りに参加する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。