月別アーカイブ: 1月 2014

SAYAMAみえない手錠をはずすまで上映会

1月26日(日) 私、内田ひろきが所属する狭山事件にとりくむ東葛住民の会の主催で、SAYAMAみえない手錠をはずすまで上映会と石川一雄さん夫妻を招き、再審に向けての学習会を開いた。 ドキュメンタリー映画であるSAYAMAみえない手錠をはずすまでは、全国で上映会を展開するとの事なので、アラスジには触れないでおこうと思う。 狭山事件とは、1963年に埼玉県狭山市で起きた女子高生殺害事件の容疑者として、被差別部落の石川一雄さん(当時24歳)が不当に逮捕された冤罪事件である。 この時代は、激しい部落差別があり、部落の子ども達も教育を奪われていた。 そこに目をつけた警察はマスコミに差別キャンペーンをひかせ、石川さんを別件逮捕し、警察のねつ造自白を強要した。 現在は国連の勧告を受け、裁判所が検察に証拠開示を求め、その一部が2010年に開示されている。 石川さんと弁護団は再審請求を続けている。 今月には裁判官と検察、弁護団による3者協議が開かれる。 今年は、事実調べと再審開始を勝ち取る正念場の年となる。 冤罪事件は、政治的意図を持つ権力犯罪と言っても過言ではないのだ。 地元、東葛地域では野田市で発生した幼女殺害事件において知的「障害」者の青山正さんに対する冤罪事件が起きた経緯がある。 布川事件や足利事件を見ても警察や検察のマスコミと結託した権力乱用には大きな問題がある。 私、内田ひろきは差別と冤罪のない街づくりに努める決意である。 石川一雄さん夫妻と内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

名護市長選挙の報告

1月20日(月) 昨夜遅く、名護市長選挙の開票結果が出揃った。 立候補者は2名。 名護市長選挙は辺野古基地建設反対派の勝利である。 私、内田ひろきが応援した稲嶺ススム候補(現職)は、19,839票を獲得し、当選した。 この勝利は、あらゆる国策暴力によって虐げられている全ての労働者・民衆にとっての勝利とも言える。 また、反原発を訴える福島県南相馬市長選挙では桜井かつのぶ候補(現職)は、17,123票を獲得し、当選した。 やっと年が明けた思いである。 自治力は、国策に勝てると固く信じて闘いに突き進むものである。 松戸での講演会にて 桜井かつのぶ南相馬市長と内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

内田ひろきニュース2014年特集号

1月19日(日) 現在、配布している内田ひろきニュース2014年特集号の記事を紹介します。 ***公共交通のバリアフリー*** 今号では2011年以降の3年間、これまで本紙やホームページで紹介した事案のおさらいを含めて、利用しやすい公共交通とバリアフリーの地域づくりをテーマに特集記事を3面にかけて掲載します。 利用しやすい公共交通を目指して!! 永年に亘り懸案となっていた高柳駅のバリアフリー化は、今年3月末までに柏ゆきホームと船橋ゆきホームを結ぶエレベーター付き跨線橋が完成する。 また、北柏駅(北口)整備計画がまとまった。 2011年以降の3年間で増尾駅と新柏駅、北柏駅(南口)にはエレベーターが完成した。 後の記事で紹介するが、北柏駅(北口)のバリアフリー化には一部課題が残るが、高柳駅の工事が完了した暁には、柏市内10駅と柏市民が日常的に利用する市外の五香駅と六実駅、初石駅、江戸川台駅と北小金駅、我孫子駅と白井駅の全てにエレベーターと多機能トイレが完成する事になる。 「障害」がある人にとっても、シルバーカーやベビーカーを押しながら歩く人にとっても、大きな荷物を持っている人にとっても柏市内での移動が便利になる。 誰でもが年を重ねても、子育てをしていても安心して病院や公共施設、買い物などに出かけられるようにする事は、インフラ面での必要な福祉なのである。これからは、駅からバス停やタクシー乗り場までのアクセスを充実する事が重要である。 自然環境や農地を破壊し、大規模な開発に歯止めをかけ、利用しやすい公共交通とバリアフリーの地域づくりに舵を切り替えるべきなのである。 高柳駅のこれから・・・ 今年3月末までに柏ゆきホームと船橋ゆきホームを結ぶエレベーター付き跨線橋が完成する。 これと合わせ、駅構内に多機能トイレを建設する。 その後に東西自由通路を建設し、ホームを六実寄りに50m移動する。 現在のホームは、カーブ部分に差しかかっている為、ホームと電車の間が広く空いている箇所が多く、乗降の際に危険が伴っている。 東西自由通路は、2015年度末までに完成する。 最終的には島式ホームとし、東西自由通路の中央に改札を設けて橋上化する計画である。 また、高柳第3駐輪場付近の踏切改修についても今後の方向性が決まった。 この踏切は、線路部分に差しかかると2車線であった道路の幅員が1車線分まで狭まってしまう。 私、内田ひろきの質疑・一般質問の中で、2014年度から東武鉄道との協議に入り、2015年度に国庫補助を申請し、2016年度末までには踏切の改修を終え、道路の幅員を拡げる事が明らかとなった。 踏切を視察する内田ひろき 北柏駅のこれから・・・ 永年、懸案となっていた北柏駅(北口)のバリアフリー化と区画整理事業の今後の方針が、ようやくまとまった。国道6号線をまたぐ陸橋の入り口階段には、エスカレーターを設置する。 2015年度に国庫補助を申請し、2016年度に設計に入り、2017年度中にエスカレーターが完成する。 エレベーターは、区画整理事業の進展と合わせ建設する事になる。 これらと並行し、陸橋から改札口に向かうまでの間にある階段のバリアフリー仕様についても、JR東日本と協議を進める必要がある。 また、区画整理事業の変更案が、新たに事業認可を受けた。 今回の変更計画では、事業完了期間を2023年度まで延長し、事業費を大幅に圧縮する。 北口ロータリーに入る都市計画道路と国道6号線の交差が、地下道立体交差から十字路平面交差となる。 区画整理事業の進捗に現実味を帯びてくる一方、青写真が変わることによる弊害も現れている。 事業区域外の伊藤ハム工場方面から北口陸橋に向かう歩道が迂回路となる。 柏市は、この歩道のニーズが高い事が確認できれば、事業期間内に区域内地権者が不利益を被らない事に配慮しながら、計画の一部変更などの検討をしたいとの意向を示している。 高柳駅と同様に、北柏駅(北口)のバリアフリー化と区画整理事業の完了は、これまで先延ばしになってしまっていた。 今後、高齢化社会を迎える事からもうこれ以上、先延ばしにしてはならないのである。 ※北柏駅(北口)陸橋は区画整理事業が完了しても既存のまま残ります。 逆井駅付近の歩道整備が実現!! 2011年の3月に逆井駅の踏切に歩道が完成した。この踏切の周辺では、朝夕を中心に歩行者の歩きづらい状況が続いていた。 シルバーカーやベビーカーを押しながら歩く事は、常に危険との隣り合わせだったのである。 … 続きを読む

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏市視覚障害者協会の新春の集い

1月17日(金) この会では私、内田ひろきが最年少。 昔は点字とカセットテープしかなかった為、文書の管理が大変だったらしい。 先輩方の苦労話と生きる知恵袋には頭が下がる思いである。 活字読み上げソフトが出回っていなかった頃、銚子市で県内初の視覚「障害」者議員が活躍していた。 議員には多くの行政資料が配布される。 点字には漢字がなく、かな文字だけの為、予算書や決算書などは莫大なページ数となり、持ち運ぶだけでも一苦労だったと思う。 今では、活字読み上げソフトやデイジーなどが開発され、書類の持ち運びもUSBメモリー1本、CD1枚と大変楽になった。 こんな話をしている内に、3時間があっと言う間に過ぎた。 とても有意義な一時を過ごす事ができた。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

金子みすゞ詩朗読コーチング会

1月15日(水) アミュゼ柏で詩の朗読会が開かれ、妻と共に参加した。 私、内田ひろきが相談役を務める金子みすゞ詩朗読コーチング会は、一昨年10月から柏市民公益活動団体の登録認可を受け、新たなスタートに立った。 今年、4月から3年目の活動に入る。 金子みすゞの詩から哲学と文学を学び、人々の生き方に照らし合わせる公益的な生涯学習として、サークルからボランティアへの転換を計る礎となりそうな展望を予感した。 詩は小説と異なり、作者が訴えようとする事を読み手が、自らの価値観で解釈を加える。 私、内田ひろきは普段、どうしても評論文を読む事が多くなる。 小説や論文は起承転結が明確に記述してある。 これに慣れて、硬くなっている頭を想像と言う感性でストレッチしたような、そんな一時だった。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

三里塚芝山連合空港反対同盟の旗開き

1月12日(日) 私、内田ひろきの後援会である柏の自治力を活かす会の仲間と7人で、三里塚芝山連合空港反対同盟の旗開きに決起した。 いよいよ、市東孝雄さんを巡る裁判闘争は千葉地裁での不当判決を受け、控訴審に入る。 食料自給率が40%を割り込んでいる現在、成田空港の拡張と農業を比較すると農業に公共性があるはずだ。 国は、日米軍事同盟と並ぶ日米経済同盟であるTPPを推進するためにも市東孝雄さんの農地を取り上げ、成田空港を拡張しようと躍起になっている。 地元、柏に目を転じて見ると、国策として進められてきた柏北部開発では、農地を収奪し、既に500億円以上もの税金がゼネコン資本に吸い上げられている。 国策で農地を奪い、開発する攻撃は成田空港の建設と同じである。 また、南部・沼南地域の上空は空港の拡張合戦に伴い、3層空域となっている。 下総基地の航空機は、地上から900m上空の範囲で飛行する。 2010年に羽田空港第四滑走路が供用開始となってからは、南風時に羽田へ向かう航空機が地上から1200m上空まで下降し、下総基地の航空機と300mの高度差にまで接近し、着陸態勢に入る。 成田空港を飛び立つ韓国便の全部とヨーロッパ便の一部は、気流に乗り切れず、柏の上空ではまだ離陸途上なのである。 航空機の運航は、離着陸時に最も危険がある事は言うまでもない。 住民を危険にさらし、農民の生きる権利を剥奪し、農地を収奪する空港の拡張合戦には公共性の一欠けらすらないのだ。 デタラメな空港政策と真っ正面から対決し、成田空港の廃港を要求する三里塚闘争は、まさしく正義なのである。 今日の旗開きでは、次の方針を採択した。 闘争宣言から抜粋。 2014年、反対同盟は新たな決意を持って闘いに立つことを宣言する。闘い半ばで無念にもたおれた萩原進事務局次長の遺志を引き継ぎ、三里塚闘争に必ずや勝利することをここに誓う。 なによりも市東さんの農地闘争に渾身の力を込めて決起する。 農民の命を奪い取る昨年7・29多見谷不当判決を断じて許してはならない。農地法を違法に使った土地収用攻撃は、農民から耕す権利を奪うものであり、TPPと成長戦略による農業つぶしの先取りにほかならない。 だが、1万2千筆の緊急署名を実現した昨年の闘いは、三里塚闘争の新たな発展を切り開いた。これを力に、法廷では証拠隠しにひた走る空港会社をぐいぐい追いつめている。 われわれは、本日の旗開きをもって、新たな3万人署名運動を開始する。空港周辺・騒音下住民をはじめ、労働組合、農業・農民団体、消費者組織、市民・学生など、全国のあらゆる人びとに市東さん3万人署名を呼びかける。3・23三里塚全国集会(東京・芝公園)、3・26控訴審第一回弁論を農地取り上げ阻止・控訴審闘争勝利の大闘争にしよう。 安倍内閣の反動攻勢は一線を越えた。秘密保護法と沖縄辺野古新基地建設の強行。武器供与、靖国参拝、そして原発推進と消費大増税に踏み込むのは、絶望的な危機のあらわれにほかならない。 戦争政治と格差の拡大に民衆の怒りは地にあふれ、霞が関はシュプレヒコールの嵐に包まれている。TPPと減反廃止で日本農業をかい滅に導く新自由主義農政に、どうしてがまんできようか。 萩原さんが訴えた「霞ヶ関に攻め上ろう」「あらゆる人々と交わり連帯しよう」という道を、今こそ受け継ぎ発展させよう。三里塚は市東さんの農地闘争を闘いの中軸にして、改憲と戦争に突き進む安倍内閣に立ち向かう。「国策」をうち破る民衆の行動で、安倍政権を打ち倒そう。 福島の怒りと結び沖縄との連帯をさらに強め発展させよう。外注化・非正規化と闘う動労千葉、全国農民会議と結び、労農同盟の新たな強化へ。関西住民、広範な市民運動との連帯を求め、三里塚闘争のさらなる広がりを切り開こう。 東アジアの戦争危機が強まる中で国際連帯を強め、今こそ戦争反対を貫こう。 2014年闘争勝利へ前進しよう。 旗開きに決起する内田ひろき 追伸 昨年末、69歳で他界した闘う仲間である萩原進さんのご冥福をお祈り申し上げます。 欠陥空港が廃港に追い込まれて行くサマを天国から見守っていてください。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏自主夜間中学にご注目を

1月9日(木) 私、内田ひろきがスタッフを務める柏自主夜間中学は、今年の4月で設立から6年目に入る。 柏自主夜間中学は、教育福祉会館2階和室と上階に併設する中央公民館創作室の2教室で授業を開いている。 日時は、毎週木曜日の18時から21時。 学び合いと語り合いの場である柏自主夜間中学に是非ご注目ください。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏商工会議所の賀詞交歓会

1月8日(水) 柏商工会議所の賀詞交歓会に出席した。 柏市の地域経済と雇用を支える為、TPP参加を粉砕する闘いの強化は、待ったなしなのである。 革新無所属の私、内田ひろきだけは冒頭、君が代の斉唱に対し、不起立で臨んだ。 残念な事に、革新政党の議員は起立し、ファシズムの流れに乗ってしまったのである。 党組織の決定かどうかは、解らないが言っている事とやっている事の違いが余りにも大き過ぎる。 左右を問わず、自らのイデオロギーを体制の中に消し去る事は、政治家のすべき事ではないはずだ。 一昨年、2月には柏商工会議所の青年部と45歳までの若手議員で懇談会をもった。 地域産業がどうすれば活性化できるのか、意見を交換した。 今日は、この時に同席した方と久しぶりにお会いした。 時には、イデオロギーの違いを乗り越え、同世代で語り合う事も良いものだ。 政界入りするまで、リハビリテーションの指導員として病院に勤務していた頃を思い出す。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

ジャンボタクシーが便利になる

1月7日(火) 私、内田ひろきの質疑・一般質問の中で、ジャンボタクシーの路線再編方針が明らかとなった。 ジャンボタクシーの路線再編については、2011年12月議会と2012年12月議会、2013年9月議会で取り上げている。 この間、何度かの変更を経て、新たな路線再編方針がまとまった。 高柳コースは大きく路線を再編し、逆井駅(東口)を拠点に藤心2・3丁目と藤心1・4丁目を通り、沼南庁舎と南部老人福祉センター、いこい荘、高柳駅方面まで行かれるようになった。 また、新たに藤ヶ谷コースを新設して高柳駅から沼南の里を経由し、沼南庁舎といこい荘方面まで向かう。 南増尾コースは現行ルートに加え、増尾7・8丁目方面まで一部の便を延伸し、南部老人福祉センターへ向かうルートとなる。 今年、4月からのダイヤ改正を予定している。 逆井コースは藤心近隣センターを経由し、南部老人福祉センターへ向かう現行ルートを堅持する。 コミュニティー交通の一つであるジャンボタクシーは、バス路線として8時から19時頃まで停留所を回り、時刻表に基づき運行しています。 運賃は200円です。 障害者と介助者1名、子どもは半額で乗車できます。 また、回数券を使用した場合の運賃は140円です。 障害者と介助者1名、子どもは回数券を使用しても半額で乗車できます。 車内で販売している回数券は、7枚綴りで500円です。 回数券は4コース共通で使用できます。 12月29日から1月3日までは運休です。 南部老人福祉センターで ジャンボタクシーに乗車する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

早朝駅宣スケジュール

1月6日(月) 3週1クールで内田ひろきニュース、集会や勉強会のご案内を配布しています。 金曜日→逆井(西口)・柏(西口)・南柏(西口) 月曜日→逆井(東口)・柏(東口)・豊四季 火曜日→増尾(西口)・増尾(東口)・新柏(東口) 水曜日→南柏(東口)・北柏(南口)・北柏(北口) 木曜日→高柳・新柏(西口)・五香(東口) 逆井で演説する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。