2期目の任期が折り返しを迎える

8月4日(金)
私、内田ひろきが柏市議会議員に就任して以降、丸6年が経過し、2期目の任期が折り返しを迎えます。
この間、数々の政策実現、議会闘争での勝利を収められましたのも偏に皆様のご指導、ご支援のおかげであると、心より感謝を申し上げます。
革命が大きな勝利を一気に収める事であるのに対し、議会政治は小さな勝利を数多く収めて行く。
正に点が線、線が面となる息の長い闘いです。
この息の長い闘いを私、内田ひろきは柏市議会唯一の急進左翼議員として、1%の資本・国家権力に奪われた政治と税金、地方自治を99%の労働者・民衆、柏市民の手に奪還する事を最大のテーゼに謳い、イデオロギーの違いを乗り越え、これからも頑張ってまいります。
折り返しの任期も、どの政党とも会派は構成せず、常任委員会は総務委員会から、市民環境委員会に移動します。
また、市外からご支援いただいている皆様とは、柏市と同じ境遇におかれている課題の解決に向けて協力してまいります。
戦争で殺されるか、貧困で殺されるか、放射能で殺されるかと言う局面にある腐った世の中を変える。
一点突破・全面展開。
私、内田ひろきは高校1年生から政治闘争に決起し、今年で30年目を迎えます。
まだまだ未熟ですが、先輩方のアドバイスも頂戴しながら、未来を創る新しい市民運動と労働運動を模索してまいります。

カテゴリー: 活動記録   パーマリンク

コメントは受け付けていません。