内田ひろきニュース2017年夏季号

7月6日(木)
現在、配布している内田ひろきニュース2017年夏季号の記事を紹介します。

<2期目の任期が折り返しを迎える>
この9月で私、内田ひろきの任期が折り返しを迎えます。
これからも政策の実現に向けて頑張ります。
今号では、6月議会の質疑・一般質問での主な議論を裏面の記事で紹介します。

★☆★客引き・スカウト行為禁止条例が全会一致で可決★☆★
柏市客引き・スカウト行為禁止条例は、県の迷惑防止条例だけでは対策が困難な柏駅を中心とする駅周辺繁華街などでの強引な客引き行為、スカウト行為を一掃する事を主な目的としている。
条例の効果に期待する一方で課題もある。
拡大解釈によって、政治活動や市民運動、ボランティア活動、場合によっては健全な経済活動にまで監視が及び、活動が萎縮し、駅周辺繁華街の活気やコミュニケーションに影響が出る懸念がある。
この点は、今後の条例運用の中で十分な注意を払う必要がある。

◆◇◆子どもの貧困対策が一歩ずつ前進◆◇◆
柏市は今年の3月に、子どもの貧困対策推進計画を策定した。
これまでにも、就学援助が必要な家庭への中学校入学準備金の前倒し支給を開始している。
今後は、同計画に沿った施策を順次展開するとの事である。
6月議会では、ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付制度を新設する条例案を審議し、全会一致で可決した。
この条例は、ひとり親家庭の保護者への就労スキルアップを目的に、原則として返済不要とする貸付制度を創設するものである。
貸付制度は、看護学校や保育士養成校などへ通学する場合に適応となる。
これからは対象資格の拡大が必要だ。

>*>*>柏市立病院のこれから>*>*>
6月議会では、市立病院の現地建て替えが議論の争点となった。
柏市は昨年の12月に、市立病院の移転候補地であった柏の葉の用地を取得しないと決めた。
これによって、市立病院の柏の葉移転建て替え計画は事実上の撤回となった。
24億円の公金支出が阻止できたとも言える。
「市立病院の柏の葉移転建て替え計画を粉砕します」を政策の柱の一つに掲げた私、内田ひろきとしては、まずは大きな仕事をやり遂げた思いである。
しかし、本丸との闘いはこれからだ。今の段階では、現地に病院は残るが、建て替えの時期は明確とはなっていない。
病院を建て替えるためには、病院事業会計で新たに設計委託費を計上する必要が生じる。
また、建て替え工事契約の締結から着工、完工までにも一定の時間がかかる。
早期に現地建て替えを実現するためには、経営改善の取り組みと設計スキームの具体化、指定管理者の選定をコミットするべきである。
市立病院の早期現地建て替えが実現できるよう、市長の政治決断に期待するものである。

!★!6月議会の質疑・一般質問での主な議論!★!
[問]
道徳教科化問題について、教育勅語が評価の対象となるのではとした保護者の懸念をどう捉えているのか。
[教育長答弁]
教育勅語は、中学校3年生における社会科、公民的分野で、大日本帝国憲法から現行の日本国憲法への移行を学習する中で、主権者が国民に移った事などを学習している。
教育勅語は、昭和23年の衆議院における教育勅語等排除に関する決議および参議院における教育勅語等の失効確認に関する決議をもって法制上の効力を喪失している。
教育勅語を取り扱う幼稚園の報道等を保護者が懸念するように、道徳の授業として教育勅語の内容を暗唱させたり、記述させたりするような授業は、本市の公立小中高等学校においては行っていないし、そのような指導のあり方は適切ではないと考えている。
[問]
公立夜間中学の開設について、公立夜間中学に係る具体的な検討はどのような状況か。
[学校教育部長答弁]
社会情勢の変化に伴い、多様な教育ニーズが求められている状況にもあるので、さまざまな事情で義務教育を修了できなかった方や十分な教育を受けられないまま学校の配慮等により中学校を卒業した方で、改めて中学校で学び直す事を希望する方に対しては社会が支えて行く必要があるとの視点から、公立夜間中学は有効な手段であると認識している。
周辺自治体や中核市等と情報交換を進め、柏市立中学校の生徒数推計や今後の空き教室数推計、公立夜間中学の教育活動に関する資料収集等に着手したところである。
[問]
教育福祉会館の改修について、耐震補強工事期間中の代替施設に関する利用団体との協議状況はどうなっているか。
[保健福祉部長答弁]
教育福祉会館では、平成30年度、31年度にまたがって耐震補強工事を予定している。
工事期間中、可能な限り現在実施している福祉事業や福祉団体等の活動に影響が出ないよう、代替利用が可能な施設についての調査をしているところである。
教育福祉会館は保健福祉部と教育委員会の双方で管理している施設である。
教育委員会とも密接に連携を図りながら、適切な対応に努める。

※私、内田ひろきの質疑・一般質問は既にインターネットで録画配信となっています。
60分あってちょっと長いですが、是非ご視聴ください。(柏市議会で検索)

カテゴリー: 活動記録   パーマリンク

コメントは受け付けていません。