月別アーカイブ: 4月 2015

統一地方選挙の報告

4月26日(日) 今回の統一地方選では私、内田ひろきが全面的に応援した候補者が全て安定的な勝利を収めた。 白井市議選のしばた圭子候補は1,852票を獲得した。 成田市議選の会津もと子候補(緑の党)は1,609票を獲得した。 流山市議選の阿部はるまさ候補(社民党)は1,486票を獲得した。 3名の候補者は、9条護憲と脱原発も訴えた。 私、内田ひろきは選挙応援に当たっては、政党ではなく身近な人物、小異を捨てずに大同も取るをモットーとしている。 私、内田ひろきが結果を出す2期目に挑戦する柏市議会議員選挙は、今年の8月2日告示、8月9日投開票となります。 柏市議会議員選挙の当選ラインは2,000票です。 明日は私、内田ひろきの44回目のバースデー。 この間、扇風機しかなかった頃から満員電車に 揺られ遠方まで通勤・通学して来られた方、商業や農業に汗水流して来られた方、労働運動や安保闘争に没頭して来られた方。 こうしたさまざまな立場の皆様から 貴重な体験をお聞かせいただき、生き方に学び、若者達が感じている社会への憤りとを繋げ、政治に反映して行く事が中間世代の私、内田ひろきに 与えられた責務であると感じます。 身の引き締まる思いです。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏市視覚障害者協会の定期総会

4月24日(金) 今日は、柏市視覚障害者協会の定期総会。 この会では私、内田ひろきが最年少。 先輩方の生き方に学ぶ事ができました。 昼休みは、柏市朗読奉仕サークルの方々と交流しました。 これらの団体に所属している皆様には、バリアフリーや福祉などの政策だけではなく、多様な分野から日常より私、内田ひろきに揺るぎないご支援をいただいています。 本当にありがとうございます。 今後とも宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

柏楽園町会の定期総会

4月19日(日) 地元、柏楽園町会の定期総会が開かれた。 一昨年から地域公益活動補助金制度が設けられた。 しかし、この制度には欠陥が多い。 防災、防犯、環境、コミュニティーなどの事業から1事業を選択し、申請する。 交付決定後の補助上限額は年間10万円である。 町会加入率は、年々低下している。 これを打開するためには、使い勝手の良い仕組みの補助金制度に改良しなければならないのである。 これからの柏市におけるコミュニティーの活性化には自治体内分権が必要だと思う。 現在、地域ふるさと協議会と町会がその役割を担っているが、権限と財源を役所が握っている実態は変わらない。 近隣センター単位に自治区を分け、近隣センターや公園管理、防犯灯やカーブミラーの整備、道路修繕要望、地域の子育て事業などは、それぞれの自治区の権限で実施できるよう、役所が財源分配を予算化するべきである。 自治区の決定権は6名程度の議員を選挙し、議院内閣制により自治区長を選任する。 その自治区長が住民から執行部を編成し、提案事項を自治区議会で議決する。 これにより、市議会議員の御用聞きが減少する為、政策で市議会議員が選ばれるようになるだろう。 これが実を結べば、しがらみのない政治に一歩踏み出せるはずだ。 自治区議会がしっかり機能すれば、市議会議員の定数削減も一つの選択肢となるだろう。 柏楽園ふるさと会館にて内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

早朝駅宣スケジュール

4月13日(月) 3週1クールで内田ひろきニュース、集会や勉強会のご案内を配布しています。 金曜日→逆井(西口)・柏(西口)・南柏(西口) 月曜日→逆井(東口)・柏(東口)・豊四季 火曜日→増尾(西口)・増尾(東口)・新柏(東口) 水曜日→南柏(東口)・北柏(南口)・北柏(北口) 木曜日→高柳・新柏(西口)・五香(東口) 逆井で演説する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

千葉県議会議員選挙の報告

4月12日(日) 今回の県議選では私、内田ひろきが全面的に応援した候補者が全て圧倒的な勝利を収めた。 柏市選挙区の中田学候補(民主党)は18,821票を獲得した。 鎌ケ谷市選挙区のふじしろ政夫候補(無所属)は10,003票を獲得した。 流山市選挙区の小宮清子候補(社民党)は12,370票を獲得した。 3名の候補者は、9条護憲と脱原発また、県道整備や信号機設置などの地域生活の環境改善も訴えた。 多くの皆様に本ブログを投票の参考としていただいた。 次は今月19日告示、26日投開票の日程で、県内多くの市町村が議員選挙に突入する。 私、内田ひろきは次の候補予定者を応援する。 前白井市議のしばた圭子予定候補(無所属)と成田市議の会津もと子予定候補(緑の党)、前流山市議の阿部はるまさ予定候補(社民党)です。 私、内田ひろきは選挙応援に当たっては、政党ではなく身近な人物、小異を捨てずに大同も取るをモットーとしている。 私、内田ひろきが結果を出す2期目に挑戦する柏市議会議員選挙は、今年の8月2日告示、8月9日投開票となります。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

増尾西小の入学式

4月9日(木) 昨日の逆井中に引き続き、今日は地元の子ども達が通う増尾西小の入学式に招かれた。 君が代の斉唱には不起立で臨んだ。 式の最中は、子ども達の入学を祝福しながら、自らの幼少時代を思い浮かべていた。 私、内田ひろきは1971年、千葉県野田市で生まれた。 右目は生まれつき全く見えず、左目はうっすらと見えていた。 小学校に入り医師より、残された左目の視力も失ってしまうと宣告を受け、絶望の極致に追い込まれ学校に行く事すらできなくなった。 中学校に入り人生を悲観し、死を考え日々深夜徘徊を繰り返していた。 小学校から不登校だった為、学習に追いつけず「障害」を理由に教師が加担した激しいイジメもあり、学校を拒絶するようになった。 そうした中でも、一部の友人がいた。 しかし、中学3年生になると受験が迫りその友人も離れて行った。 いよいよ、孤独無縁になり「障害」をもって生きている事に絶望した。 中学までは親を恨み「障害」を悲観し、自分を傷つけて生きてきたが関宿高校に入学し、さまざまな「障害」をもつ仲間や外国人、被差別部落出身者など差別と抑圧を受け、同じ境遇を共にする友人達との出会いで価値観が変わった。 この時から、自らを悲観した生き方を変え、闘う「障害」者として人生の新たなスタートに立った。 今日、入学を迎えた子ども達に私、内田ひろきが幼少時代に経験した屈辱や苦しみを負わせてはならないと心に誓った。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

逆井中の入学式

4月8日(水) 地元の子ども達が通う逆井中の入学式に招かれた。 君が代の斉唱には不起立で臨んだ。 保護者の皆様に於かれましては、子育て12年間のご苦労に敬意を表します。 中学に入ると急激に親離れが進むと推察致します。 これも一つの成長なのかも知れません。 子ども達の純粋さと素直な価値観が認められる社会を作る事が政治に課せられた使命なのである。 私、内田ひろきは今日入学を迎えた子ども達がこの柏市で成長し、次世代の子育てができる定住環境を整備する事が急務だと感じる。 これから中学に進むと友達同士で意見が対立し、考え方の違いが鮮明になってくるだろう。 この時こそが、人間が人間として生きるために与えられた学びの舞台なのである。 人は誰でもが、生い立ちや考え方が違う。 何をしても問題は起きる。 大切な事は、この問題を対話により、どう解決するかなのだ。 問題を解決するために踏んだプロセスは人が成長する上での宝になると思う。 ホームルームなどで議論する時は「あなたは違う」ではなく、「私はこう思う」と言えるようになってくれるだろうと信じてやまない。 私、内田ひろきは子ども達が考える力、自らを主張し表現する力、他人との違いを受け入れる力を身につけられる中学生活を送れるよう、全力で支援したいと実感した。 不登校だった私、内田ひろきが奪われてしまった何かを取り戻したような、そんなホノボノとした時間を過ごす事ができた。 逆井中にて内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

統一地方選挙がスタート

4月3日(金) 今日から千葉県議会議員選挙が始まる。 私、内田ひろきは次の候補者を応援する。 柏市選挙区の中田学候補(民主党)と鎌ケ谷市選挙区のふじしろ政夫候補(無所属)、流山市選挙区の小宮清子候補(社民党)です。 3名の候補者は、9条護憲と脱原発また、県道整備や信号機設置などの地域生活の環境改善を訴えている。 今月12日(日)が投開票です。 県議会議員選挙が終わると今月19日告示、26日投開票の日程で、県内多くの市町村が議員選挙に突入する。 私、内田ひろきは次の候補予定者を応援する。 前白井市議のしばた圭子予定候補(無所属)と成田市議の会津もと子予定候補(緑の党)、前流山市議の阿部はるまさ予定候補(社民党)です。 なぜ、この3人の方を応援するかについては後日、本ブログで公表します。 私、内田ひろきが結果を出す2期目に挑戦する柏市議会議員選挙は、今年の8月2日告示、8月9日投開票となります。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

いずみ園新利用者を迎える会

4月1日(水) 地元、逆井にある障害者通所福祉施設であるいずみ園の新利用者を迎える会に出席した。 いずみ園は、どんなに重い「障害」があっても地域で生きる事を基本方針としている。 いずみ園を運営している社会福祉法人緑の会は、一昨年6月から共同生活介護事業として増尾台ウィズホームを開設した。 柏市の福祉に展望が開かれたような思いである。 今日は、140名の出席者と共に新しい通所者の門出を祝った。 いずみ園の通所者の皆様、スタッフの皆様おめでとうございます。 いずみ園の入り口には複数の近隣町会から要望が上げられ、念願の歩行者用押しボタン式簡易信号機が完成し、昨年の秋から供用開始となった。 この件では、柏市選出の中田学県議会議員にも、お力添えいただいた。 稼動した信号機を視察する内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。