月別アーカイブ: 8月 2010

8月20日(金)~22日(日)・8月27日(金)~29日(日)

8月20日(金)~22日(日)・8月27日(金)~29日(日) 秋山市長がマニフェストに掲げた柏市版事業仕分け。 待ちに待ったその時がきた。 市長は、歳出削減ありきではなく、事業の説明責任を明確にする方針で企画したようだ。 仕分け評価は、次の通りである。 不要廃止、民営化、広域化、要改善、維持、拡大。 傍聴人にも説明資料と評価用紙が配布された。 仕分け人は、6名を1班とし、2班の構成だった。 1班(前半3日間)は、役所の担当者も慣れていないせいか、パホーマンスさを感じた。 議論の深さにしては、殆ど要改善と言う無難な判定に留まる結果となった。 また、座長も役所も仕分け人の立場を保護し過ぎている。 なぜだろうか。 2班(後半3日間)は、議論もかなり論理的で役所の担当者がたじろぐ場面もあった。 廃止と言う判定も出され事業仕分けらしい事業仕分けだった。 ただ、一つ気がかりな事がある。 それは、社会福祉に係わる事業が仕分けのテーブルに上がった事だ。 こうした事業は、廃止や完全に民営化する事はできない。 また、してはならないのである。 仕分け事業は、憲法と地方自治法を遵守し、慎重に選定する必要がある。 来年からは、仕分け人も公募で選び、事業仕分けが事業仕分けの対象とならないようにしてもらいたいものだ。 追伸 8月後半は熱中症にかかってしまった。 私、内田ひろきは介助者なしで、行動する時にトイレを探す事が、大変で時間もかかってしまう為、水分を控える傾向にある。 どうやら、これが原因だったようだ。 まだまだ残暑も厳しいらしい。 これを教訓に介助者なしで行動する時は水分を取り、トイレを探す時間も見込み、余裕を持って行動したいと思う。 来月配布する内田ひろきニュースの記事を一部抜粋。 今号から私、内田ひろきが地方議会で「何をしたいのか」という重点政策をシリーズで掲載します。 *地方議会の改革に向けた決意* 2007年の市議選で落選し、悔しい思いをしました。暫くして気持ちが切り替わり、今度こそ形式的な地方議会を改革しなければならないと決意を新たにしました。 この間、千葉県議会と柏市議会の傍聴を続けました。質問者と答弁者が事前にストーリーを作っているせいか、質疑のやり取りを聞いていても論点が明確に感じ取れません。この3年間、柏市議会では本会議で一般質問を一度もしなかった議員がいるという事が実態です。 この経験から私、内田ひろきは次の事に取り組みます。 1 文書をただ読み合わせる議会を言葉の力で論議できる議会へ変革します。 2 本会議での全質疑の一問一答制を確立します。 3 個々の議員の賛否表明をホームページや広報で公開できる仕組みを作ります。 4 地方議会も条例や予算の議員立法ができますが、この権限は余り機能していません。 … 続きを読む

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

8月19日(木)

8月19日(木) 今日は、夏休み明けの柏自主夜間中学。 教室を統合するための大事な話し合いがあった。 今までは、福祉会館2階和室とまんてん(旧あいネット)の2か所で授業を開いていたが、会場が離れている為、生徒さん同士が交流する事に困難があった。 その為、柏自主夜間中学は、教育福祉会館2階和室と上階に併設する中央公民館創作室の2教室で授業を開く。 日時は、毎週木曜日の18時から21時。 近隣センター同様、中央公民館も条例が変わり、会場借用の電子申請ができるようになったが、毎回、毎回部屋が取れるかドキドキだ。 どのサークル団体やボランティア団体も同じ思いだろう。 セキュリティーの課題もあるが、学校の空き教室をサークル活動やボランティア活動に解放する事が必要だ。 そのためには、縦割り行政の壁を打ち破らなくてはならないのである。 まさしく「民の力」を謳った秋山市長の力量が問われる。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

8月16日(月)~8月17日(火)

8月16日(月)~8月17日(火) 私、内田ひろきと同様に視覚「障害」を持ち、地方政治に携わっている東久留米市の宮川豊史議員、新潟市の青木まなぶ議員を訪問した。 詳しい事は、内田ひろきニュース2010年臨時号で報告。 久しぶりの新潟。 私、内田ひろきは視察や現地闘争などで遠方に出向いた時に、ご当地ソフトクリームが食べたくなる。 ご当地ソフトクリームには巡り合えなかったが、特産の魚「のどぐろ」は焼いても刺身でも地酒に合い、絶品だった。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

8月6日(金)

8月6日(金) 柏北部開発大室反対協議会の方々と懇談。 柏たなか駅周辺の開発は、独立行政法人UR(都市再生機構)が事業主体となり、国策として進められてきた区画整理事業である。 かつて、鈴木市長の時代に余りにも大きな区画整理事業なので、市のキャパを超えているとの事から当時の住宅公団、現在のURに依頼した経緯があるようだ。 しかし、URは2013年をもって土地造成事業から撤退する旨の方針を示している。 現在の進捗率は40%。 現下の経済情勢もあり、保留地が売買できる見込みはないに等しい。 残された区画整理は柏市の財源で行う事になりそうだ。 大室反対協議会は、農業と平穏な暮らしを守る観点から何度も区画整理区域からの除外を要求している。 農業を守り、市の財政を火の車にしないためにも、今すぐ事業規模を縮少し、開発そのものを見直すべき時だと思う。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

8月2日(月)

8月2日(月) 今日は、宜野湾市からイハ洋一市長を先頭に普天間飛行場の爆音訴訟団が上京し、昼間は国会前の抗議行動。 夜は報告集会。明日も国会前で、行動を続けるようだ。 私、内田ひろきは昼間、地元での活動があった為、報告集会のみの参加となった。 先月、高裁が下した判決は低周波音の被害を認めた。 この点は地裁より一歩前進だろう。 しかし、飛行の差し止めについては、原告の訴えを退けた。 私、内田ひろきの暮らす、柏市逆井地区も下総基地を飛び立つ訓練機の旋回低空飛行区域となっている為、視覚に「障害」があると道を歩いている時、航空機の騒音で周囲の音声が遮断され、危険な体験をしている。 先月、沖縄を訪問し、宜野湾市役所の屋上で説明を聞いている時、普天間飛行場からヘリが飛び立った。 イハ洋一市長によると普天間高校の教室からはパイロットの顔も見えるとの事。 この爆音の中、宜野湾市の視覚「障害」者はどのように車や自転車の接近を確認しているのだろうか。 そう考えると怒りがさらに湧いてくる。 私、内田ひろきはイハ洋一市長と闘う決意を確認した。 イハ洋一宜野湾市長と内田ひろき

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。

8月1日(日)

8月1日(日) 今日は地元、柏楽園町会の盆踊り。 地域の人が、一堂に会し語り合う、こうしたコミュニティーも良いものだと思う。 私、内田ひろきの連れ合いは、踊りで夢中になっていた。 これまで準備に当たっていただいた皆様、ありがとうございます。

カテゴリー: 活動記録 | コメントは受け付けていません。